FC2ブログ

『ボーダー 二つの世界』

本日はアメリア会員の名取祥子さん池本尚美さん菊池由美さん田村加代さん内藤典子さんが共訳なさった短編集をご紹介いたします!




~あらすじ(早川書房HPより)~
カンヌ国際映画祭「ある視点」賞受賞映画「ボーダー 二つの世界」原作収録、「あちら」と「こちら」の境界が溶け合うダークファンタジー・ホラー短篇集!

罪や不安を嗅ぎ取る能力を活かしスウェーデンの税関で働くティーナはある日、虫の孵化器を持った不思議な男と出会う。彼の秘密が明らかになるとき、ティーナが出会う新しい世界とは……

映画原作である表題作のほか、『MORSE -モールス-』番外篇の「古い夢は葬って」、集合住宅に這い寄る恐怖を描く「坂の上のアパートメント」、中年女性の明るくも悲しい犯罪譚「マイケン」など、現実と異界の境界を問う11の物語。



著者のヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストは“スウェーデンのスティーヴン・キング”と呼ばれており、映画『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作である『MORSE -モールス-』で作家デビューしたそうです。

本作は現実と異世界の狭間をテーマにした短編集となっており、本日9/19(木)発売です!


名取さん、素敵な作品をお知らせくださりありがとうございました。
みなさまの今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 相澤

『如夢令-偽りの花嫁-』

今日は中国語翻訳者としてご活躍のアメリア会員、串山大さんの翻訳協力作品をご紹介いたします。
串山さんといえば、先日もKADOKAWAの『どっちが強い!?』の翻訳をご担当ということで、ご紹介をさせていただきましたが(こちら)、今回はLINEマンガ(ジーンLINE)にて連載中のこちらの作品をご紹介いたします。

『如夢令-偽りの花嫁-』HAO JIASI(郝佳思)著
LINEマンガ(ジーンLINE)にて連載(2019年9月3日- 毎週火曜日更新)
内容紹介ページ

配信に加え、単行本も発売になりました。

単行本 1巻 ジーンLINEコミックス 2019年9月14日発行
内容紹介ページ

串山さんからコメントをいただきました。
タイトルの日本語読みは漢音で「如夢令(じょぼうれい)」です。
内容は「宮廷ドラマ」+「武侠(武術の達人や侠客の世界)」+「恋愛」という、いかにも大陸らしい中華ファンタジー。
コマ割が斬新で、絵や色使いがきれい。
ただ、日本の作品とは読み方が異なり、中国の漫画はセリフが横書きで読む方向も違うため、やや慣れが必要になるかもしれません。


個人的に「宮廷ドラマ」ものは好きなのですが、それに「武侠」と「恋愛」がプラスされたファンタジー作品とのこと。
興味深々です。

串山さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原

字幕制作ソフト「Babel」、サンキューキャンペーン実施中!

今朝の東京は少し肌寒く感じました。日に日に秋らしくなっていきますね。

さて、本日は字幕制作ソフトのBabelが、サンキューキャンペーンを実施中とのことで、
メーカー元のフェイスさんよりご連絡をいただきました。
なんと定価の39%引きで購入できるそうです。

詳細は以下のとおりですが、フェイスさんのHPにアクセスしていただければ
トップページに案内が記載されておりますので、合わせてご覧ください。
フェイスHP


おかげさまで、弊社は2020年2月1日に設立10周年を迎えます。
この機会に、日頃の皆様への感謝の気持ちを込め、「サンキューキャンペーン」を実施いたします。
キャンペーン期間中は、ドングル版(永久ライセンス)、オンライン版(1年ライセンス)の定価から、
39%のディスカウントをさせていただきます。
また、リサイクルドングルを再利用するドングル版「エコ割」をお選びいただきますと、更に3,000円引きとなります。

●キャンペーン期間:9月9日から2020年1月31日まで
●価格:
Babelドングル版  91,500円(税別)
Babelドングル版「エコ割」 88,500円(税別)
Babelオンライン版   18,300円(税別)
Babel オンライン版 1年延長ライセンス 18,300円(税別)

●ご購入方法
■クレジットカード決済をご希望の場合は、こちらのサイト(https://faith.buyshop.jp/) からお申し込みください。
■銀行振込の場合は下記の必要事項をご記入の上、sales@babel.styleに、メールにてお申し込みください。担当者より改めてご連絡申し上げます。
  ・購入希望商品 (ご希望の番号を選択記入してください)
   ①Babelドングル版(サンキューキャンペーン価格)
   ②Babel ドングル版「エコ割」(サンキューキャンペーン価格)
   ③Babelオンライン版(サンキューキャンペーン価格)
   ④Babel オンライン版 1年延長ライセンス(サンキューキャンペーン価格)
  ・ご氏名
  ・フリガナ
  ・ご住所
  ・電話番号
  ・メールアドレス

●ご注意ください
①「エコ割」では、動作確認をしたリサイクルドングルを使用します。こちらは先着順で、なくなり次第終了となります。
②各オプションのご購入については、通常料金とさせていただきます。
③スクール版は対象外となります。
④オンライン版の場合、Babelソフトウェアはダウンロード用URLよりダウンロードしていただきますが、ログインに必要なID/パスワードを別途メールでご案内しております。
こちらは逐次手動発行となりますので、最大で3営業日いただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
⑤ドングル版の場合、同じくBabelソフトウェアはダウンロード用URLよりダウンロードしていただきますが、別途ドングル(ハードウェアキー)を郵送でお届けします。
なお、パッケージは付属しておりません。


本キャンペーンに関するお問い合わせは下記まで、お願いいたします。
03-6206-6207

アメリア事務局 河原

『トップボーイ』

今日の東京はひんやりとしたお天気です
夕方の予想気温が20度を下回っていて驚きました!みなさまも風邪などひかないようご自愛くださいね。

さて、本日はアメリア会員の小坂麻衣子さんが吹替翻訳をなさったNetflix作品をご紹介します!

『トップボーイ』
※シーズン1 第1話、第3話、第5話、第7話、第9話のご担当です。

~あらすじ(Netflixより)~
欲望渦巻くロンドンに舞い戻り、再び金と力を手にしようとする2人の麻薬密売人。だが、2人の縄張りだった街には既に、情け容赦ない若き密売人が台頭していた。


【こちら】から予告編もご覧いただけます

貧困や家庭環境のために、選択肢がないまま犯罪に手を染めてしまう若者が後を絶たない、という社会問題をリアルに描いています。

小坂さん、ご連絡くださりありがとうございます。
今後の益々のご活躍も楽しみにしております

アメリア事務局 相澤

『マンガで入門 世界一ゆるい哲学』『サードドア 精神的資産のふやし方』

日に日に秋の空気に変わりつつありますが、まだまだ暑さが残ります。千葉県の一刻も早い復旧を願います。

さて本日はアメリア会員の大田黒奉之さんが翻訳を手がけられた訳書を2冊、ご紹介いたします。



あの小難しい哲学を、こんなにおもしろく学べるなんて! ヘラクレイトス、ニーチェ、デカルト……総勢23人の偉大な哲学者が、飛び、跳ね、語る!? 世界一ゆるくて、超ためになる、マンガで読む哲学入門の「決定版」、ここに爆誕。こんなにおもしろいのに、西洋思想の3000年がざっくりわかる!(ダイヤモンド社HPより




ビル・ゲイツ、レディーガガなど、世界屈指の成功者に自分らしい人生の始め方を突撃取材し教訓をまとめた、稀有な19歳の冒険物語。(東洋経済新報社HPより

こちら、大田黒さんからコメントもいただきました。
18歳の大学生が、ビル・ゲイツ、レディー・ガガ、スピルバーグなど、米国各界の著名人に次々と突撃インタビューしようと七転八倒する実話です。著者も最近来日し、この本についてのインタビューに多数応じたそうです。おかげさまで発売から2週間で10万部を超えました。

こういうチャレンジングな気持ち、しばらく忘れていたような気がします。反省・・・
哲学の本も、マンガで教えてくれるとあって、とてもわかりやすいですね。
あらためて勉強したくなりました。

大田黒さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後さらなるご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『ジャック・ホワイトホール: 父子二人旅 (シーズン3 第2話)』

昨日の夕方も天候がかなり不安定でしたね
台風15号の影響によりライフラインが断たれている地域の1日も早い復興を祈っています

本日は、アメリア会員横内ようこさん字幕翻訳された翻訳作品をご紹介します。Netflixで配信中です!

『ジャック・ホワイトホール: 父子二人旅』
※横内さんはシーズン3の第2話をご担当


横内さんより作品をご紹介いただきました
イギリスのコメディアン ジャック・ホワイトホールが父親と旅をするロードバラエティ。
コメディアンの息子よりもパパを見たくなる作品です。
ハイソを愛する堅物な英国紳士ですが、やさしい面も見え、英国人らしいウィットが絶妙です。
79歳になるので、これが最後の旅かもとのことで、今のうちに是非。



主演お二人のお写真、Netflixで拝見いたしましたが、佇まいがとても素敵ですね

横内さん、作品のお知らせありがとうございます。
これからのご活躍もとても楽しみにしております

アメリア事務局 並木

「翻訳トライアスロン2019」第3種目<実務>締切間近!

現在、訳文応募受付中の第3種目<実務>は9月25日(水)18時に応募締切です!

とうとう今年の「翻訳トライアスロン」も最終種目になりました。「翻訳トライアスロン」は出版・映像・実務の3分野の翻訳に挑戦しようという企画ですが、これまで1種目も応募していなくても、第3種目<実務>からのご参加も可能です。

2019年の夏の締めくくりにぜひご応募してみませんか?

今から課題に取り組んでも間に合います!

課題文は「人間はロボットに仕事を奪われるのか?」という問題がテーマになっています。機械翻訳にご興味のある方、必読です!

【課題掲載】
・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2019 第3種目(実務)」
・情報誌『Amelia』9月号(8月26日発送)

【審査員】
木下 裕子氏(出版・実務翻訳者)

【応募スケジュール】
8月26日(月)~9月25日(水)18時

【成績・訳例講評の発表】
12月26日(木)

【応募料】
何種目応募しても3,000円(税抜)
※1種目のみの応募も可能です。

【クラウン会員】
96点以上で、ビジネスの「クラウン会員」資格取得

【賞品】
・各種目で最高得点の方にAmazonギフト券10,000円をプレゼント
・3種目総合得点が1~3位の方に家電などの豪華賞品をプレゼント
・2018年度から最も総合得点がアップした方にフェロー・アカデミーのオンライン講座をプレゼント

詳細は開催概要をご覧くださいね!

課題は、機械と人間の関係性について論じた記事からの出題ですが、審査員によると「決して悲観的な内容ではなく、むしろ漠然とした不安感をぬぐってくれるはず」とのことですので、ご心配なく!

締め切りまであと2週間。ご応募をお待ちしております

アメリア事務局 相澤

『悪について誰もが知るべき10の事実』

週末は三連休ですね!私は、犬と都内の公園で散歩体験ができるサロンに行こうかな?と考えています。今直ぐ犬を飼えない我が家。こんなサービスがあると助かります。

本日は、アメリア会員服部由美さんの翻訳作品をご紹介します。人が人に対して抱く偏見について科学的に迫った一冊とのこと。衝撃的なタイトルに惹きつけられてしまいます…



服部さんより、ご訳書をご紹介いただきました
本書のテーマは、人が人に対して抱く偏見。犯罪者、犯罪被害者、身体/精神障害者に対し、気づかぬうちに抱いてしまう偏見について科学的に説明していきます。とくに性犯罪の被害者を責めるレイプカルチャー、集団圧力や権威への服従の説明からは人間の弱さが感じとれます。専門的な内容のため、校閲者の方にずいぶん助けられました。書籍翻訳は訳者ひとりでできるものではないことを強く感じた仕事でした。

(Amazonより)
人はなぜ平然と差別、嘲笑、暴力に加担するのか?
人間をモンスターに変えるものは何か?
ファクトが語る脳と遺伝子のダークサイド。
激しい賛否両論を巻き起こす著者の話題書!

第1章 あなたの中のサディスト――悪の神経科学
第2章 殺すように作られた――殺人願望の心理学
第3章 フリークショー――不気味さを解剖する
第4章 テクノロジーの光と影――テクノロジーは人をどう変えるか
第5章 いかがわしさを探る――性的逸脱の科学
第6章 捕食者を捕まえるために――小児性愛者を理解する
第7章 スーツを着たヘビ――集団思考の心理学
第8章 私は声を上げなかった――服従の科学


服部さん、ご訳書をお知らせいただきありがとうございます。
これからのご活躍もとても楽しみにしております

アメリア事務局 並木

『英語で読む アラジン』

9月は3連休が2回もありますね!お休みの方も多いでしょうか。

私はライブの遠征で名古屋に行く予定です。久しぶりの名古屋なので、「ひつまぶし食べたいな~」「手羽先は絶対食べる!」「台湾まぜそばも気になる…」などと、食べ物のことばかり考えています

さて、本日はアメリア会員の牛原眞弓さんが翻訳なさった作品をご紹介いたします。



~内容紹介(公式サイトより)~
『アラビアン・ナイト』の名でも知られる『千夜一夜物語』の中から、『アラジン』、『アリババと40人の盗賊』、『船乗りシンドバッド』の3篇をやさしい英語と日本語訳で収録。


英語の原文と日本語訳を並べて読むことができ、各ページには重要語句・表現のワードリストも付いているので、『アラビアン・ナイト』の物語を楽しみつつ英語学習ができます。

牛原さん、素敵な作品をご紹介くださり、ありがとうございます。
今後のご活躍も楽しみにしております!

アメリア事務局 相澤

『フライ!』

台風一過、酷暑ですね…
停電エリアの一刻も早い復旧を願います

さて本日はアメリア会員の草刈かおりさんの字幕翻訳作品をご紹介いたします。





主人公の大きくてまあるい可愛い目にキュンとしてしまいました

草刈さんからコメントをいただきましたのでご紹介いたします

アイスランドのアニメーション映画です。
キュートで心温まるステキな作品なのですが、小さい子供向けなので
小学校2年生までに習う漢字しか使えず(ほとんど漢字が使えません)、
今までやった中でも最高レベルにチャレンジングな仕事でした。
ブルーレイとDVDで発売中です。

作品紹介はコチラから

作品紹介ページに「STORY」が掲載されているのですが
読むだけでウルっと&頑張れ~と、一瞬で主人公に感情移入してしまいました

草刈さん、お知らせいただきありがとうございます
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『全米製パン競技大会のチャンピオンと作る アルチザン・ブレッド』

突然ですがパン派ですかお米派ですか
食いしん坊な我が家はどちも好きですが…
パン屋を見つけると「食べてみたい欲」が抑えられず
すぐに入店→即お買い上げです
新しく住みはじめた街にはパン屋が多く、パンの消費量が格段に増えています

さて、本日はパンを食べるのも&作るもの大好きな方にピッタリの1冊。
アメリア会員のハーパー保子さんの訳書をご紹介いたします。





版元の楽工社さん編集部よりコメントをいただきましたので
ご紹介いたします

 原書は米国で30万部売れて、今も売れ続けている超定番書。ひとことで言うと、<パン職人が作る本物のパンが家庭で作れる本!>です。
 日本で出ているパン作りの本は「入門書」が圧倒的に多く、その後レベルアップするための本がほぼ出ていません。本書は「中級者・上級者になりたい」という本物志向の方のニーズにこたえるものになっています。
 原書の米国仕様の分量に加え、日本語版には<日本の家庭用オーブンで作れる分量>も記載。さらに、パン業界のプロなら誰もが知る竹谷光司さんを日本語版監修者に迎え、綿密に内容チェックをして頂き、日本のユーザーにも安心して使って頂ける仕上がりになっています。
 また、読みやすい文章ながら、かなり深い内容を詳しく丁寧に書いているので、一般のホームベーカーだけでなく、プロの方が読んでも必ず得る所があると思います。
 本書は、多くの著書と受賞歴をもち、製パン業界のグルとして絶大な支持を誇る著者の初の邦訳です。他のパンの本にはない情報が満載の本なので、少しでもパンに関心がある方はぜひチェックしてみてほしいですね。



「製パン業界のグルとして絶大な支持を誇る著者の初の邦訳」とは、
見過ごせませんね

ハーパーさん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております

事務局 入江

『ファミリー・ミール フェラン・アドリアの家庭料理』

このまま秋へまっしぐらかと思いきや、残暑はまだまだ厳しいですね。

さて今日は素敵な料理書をご紹介いたします。
タイトルは『ファミリー・ミール フェラン・アドリアの家庭料理』。翻訳はアメリア会員の瀬戸由美子さんです。



フェラン・アドリアといえば、世界一予約が取れないといわれた伝説のレストラン、「エル・ブジ」のシェフです。
「エル・ブジ」と聞くと、液体窒素とか注射器を使ったを使った料理とか、まるで科学の実験?といった感じの料理をイメージするのですが、本書で紹介されているのはなんと家庭料理。
シーザーサラダやボロネーゼのパスタ、ポテトサラダ・・・そしてアサリの味噌スープまで。
(このアサリの味噌スープが、いかにもエル・ブジっぽいんです。少し泡立っていて。)
また食材や調理器具など、とにかく写真が豊富で、読者にわかりやすく、丁寧に伝えたいという著者の気持ちが伝わってきます。

フェラン・アドリアによる唯一の家庭料理レシピ集。
ご興味のある方はぜひぜひお手にとってみてください。

瀬戸さん、うれしいご報告とご恵贈をありがとうございました。
今後ますますのご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『ここでしか味わえない 非日常の世界!』

昨日、夜道を歩いていたら視界の端に小動物が…
ネコかな~と思いきや大きめのネズミ 娘と一緒にフリーズしてしまいました。
雷に驚いて出てきたのでしょうか…


さて本日はアメリア会員の大島聡子さんの訳書をご紹介いたします。



一瞬、何が描かれているのだろうと見入ってしまいました。
表紙にある通り、まさに「いったい何をしているのか」という気持ちになりますね。

ナショナル ジオグラフィックが世界中から集めた、めったに見られない光景の数々。
都市を飲み込む砂塵のような自然現象から、ロボットを思わせる曲芸師のワザのような人間の驚異まで。
どのページにも、驚きと喜びが詰まっていて、刺激を与えてくれる。永久保存版の写真集。

(Amazonより引用)

訳者の大島さんより「どの一瞬にも物語があって、いろいろと感じさせられる写真集」とのこと、
火山雷/ホーリー祭/クラゲの海/花嫁の時間/おしゃれな紳士たち/シルク・ドゥ・ソレイユ等々……
驚きと喜びが詰まった本のようです。

シルク・ドゥ・ソレイユ…何度か見に行ったことがありますが、
確かに驚きの連続で夢を見ているかのような舞台でした。

大島さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

本日はアメリア会員の金澤壮子さんが吹替翻訳をなさった作品をご紹介します。



~あらすじ(Amazonより)~
0歳でスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻り、女王エリザベスI世が統治する隣国イングランドの王位継承権を主張する。

恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ王位継承の陰謀が渦巻く宮廷の中で運命に翻弄されていくのだった……。


DVD/Blu-rayは本日9月4日(水)発売です。

スコットランドの雄大な自然や豪華絢爛な衣装も本作の見どころでして、『エリザベス』や『エリザベス:ゴールデン・エイジ』でアカデミー賞を獲得したスタッフが同じく衣装やヘアメイクを手がけているそうです。

エリザベスI世といえば白塗りメイクと巨大な襟のイメージが強いですよね。天然痘にかかって以来、肌荒れと抜け毛に悩み、威厳ある姿に保つためあのような化粧をしていたのだとか。

金澤さん、お知らせくださりありがとうございます。
またご連絡いただけることを楽しみに待っております!

アメリア事務局 相澤

『愛犬家の動物行動学者が教えてくれた秘密の話』

本日ご紹介するのはアメリア会員森由美さんが翻訳された、犬好きな方にはたまらない一冊です!私もその一人です表紙の写真もすてきですね!

森さんより、ご訳書をご紹介いただきました

(森さんより)
犬に関する貴重な情報もユーモアもたっぷりな、犬愛に溢れた本です! 著者は犬と共に暮らし、犬と人が助け合って生きる社会を模索し続けてきた動物行動学の権威です。愛犬家から専門家まで多くの犬好きの皆さまに読んでいただけたら幸せです。


(Amazonより)
犬に心はあるの?
相手によって態度を変えるのはなぜ?
なぜ恥ずかしがりやの犬もいれば、大胆な犬もいるの?
犬が臭い場所を嗅いだり、転がったりするのはなぜ?

ペット先進国アメリカで何千頭もの犬たちを観察してきた著者が、その秘密を紐解いていく。




犬との暮らしが懐かしいです
森さん、犬愛に溢れたご訳書をお知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております

アメリア事務局 並木

『ストーリーボットにきいてみよう』

9月に入りましたが、まだ蒸し暑いですね
本日は、アメリア会員石井美紀子さん吹替翻訳された作品をご紹介します

なるほど~!と大人も勉強になるアニメです。Netflixで配信中です!


『ストーリーボットにきいてみよう』
※石井さんは、「音楽はどうやって作るの?」「人の見た目がちがうのはなぜ?
けいたい電話のしくみって?」「目のしくみはどうなってるの?」をご担当


「ミッキーマウス クラブハウス」や「リトル・アインシュタイン」が好きだった娘も
本作品にドハマりし、先日よりものすごい勢いで拝見させていただいております
楽し過ぎて、ストーリーボットたちの活躍から目が離せないようです

石井さん、作品のお知らせ誠にありがとうございます
今後のご活躍もとても楽しみにしております

アメリア事務局 並木

【応募受付中!】2019年9月:アメリアでスキルアップ

現在応募できるスキルアップ課題はこちらです。
すべてご入会当日から応募いただけます!


【2019年9月 応募受付中!】

翻訳トライアスロン 第3種目(実務)
9月25日(水) 18時締切

7月<出版>、8月<映像>、9月<実務>で翻訳の総合力を競うイベントである「翻訳トライアスロン」を開催中です!9月は<実務(ビジネス)>の訳文を受け付けています。豪華賞品や「クラウン会員」資格の獲得条件など、詳細は開催概要をご覧ください。

9月<実務>のみのご参加もお待ちしております

定例トライアル 出版(フィクション)/日英メディカル
9月20日(金)18時締切

アメリアWebサイトの「児童書の翻訳ルール」では、児童書を訳す際に気を付けたい点をご紹介しています。

児童文学翻訳家のこだまともこ氏と、同じく児童文学翻訳家で<出版(フィクション)>審査員でもある神戸万知氏の対談形式で「漢字で書くか?ひらがなで書くか?」など、児童書翻訳のルールが満載ですのでぜひご覧くださいませ。

「児童書の翻訳ルール」は会員専用ページです。

翻訳お料理番
9月20日(金)18時締切

ひとこと翻訳大賞
9月26日(木)11時締切


【常時 応募受付中!】

一行翻訳
短い英⇔日の課題を翻訳して投稿できます。「スムージーのレシピ」「ハイキングコース」など身近な題材です。 

ミニテスト
翻訳にも役立つ雑学やミニ知識をチェックできる選択式のテストです。 「児童書翻訳のいろは」「映像翻訳適性テスト」などテーマは様々!


アメリア事務局 相澤

『ダンプリングの歴史』

「ダンプリング」、ご存知でしょうか?
餃子や肉まん、エビ蒸し餃子など…個人的に大好物なのですが
本日はそんな「ダンプリング」情報が満載の 1冊をご紹介いたします。

翻訳を手がけられたのはアメリア会員池本尚美さんです。




池本さんから素敵なコメントをいただいたのでご紹介します

 「ダンプリング」と聞いて、どんなものを思い浮かべるでしょうか。本書を訳す前は、餃子、肉まん、ニョッキ、ラヴィオリぐらいしか思い付きませんでしたが、本書の巻末に120あまりのダンプリングが紹介されているのを知り、その多様性に驚きました。餃子や肉まんはよく知っていても、「ダンプリング」という言葉にはあまりなじみがない人も多いのではないでしょうか。
 本書ではまず、ダンプリングは何かという定義が述べられ、続いて世界のダンプリングが紹介されています。そして、ダンプリングについて言及されている歴史的文献、料理書などからその歴史をひもとき、ダンプリングが登場する民話、文学、映画、歌などから、ダンプリングがいかに人々に親しまれ、生活に定着してきたかを説いています。カラフルな美しい図版も多数収録されていて、巻末にはダンプリングのレシピ集もあります。ダンプリングに多角的に迫り執筆された本書は、まさに、ダンプリングを知るための最適の手引き書といえます。
 原書房「食」の図書館シリーズの1冊です。


120あまりのダンプリング
どんな食べ物があるのでしょうか。ぜひとも全部食べてみたいところです。

池本さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております

事務局 入江

『ダイアグノーシス -謎の症状を探る-』

本日はアメリア会員の林大介さんが吹替翻訳をなさったNetflix作品を紹介いたします

『ダイアグノーシス -謎の症状を探る-』
※偶数話と第7話のご担当です

~あらすじ(Netflixより)~
不可解で珍しい病状の診断をクラウドソーシングで行うリサ・サンダース医師の試みを追う。ニューヨーク・タイムズ・マガジンのコラムを基にしたドキュメンタリー。


こちらから予告編をご覧いただけます!

1日に数十回~数百回の発作が起きて全身機能が低下してしまう6歳の女の子、デジャブを体感すると必ず原因不明の失神と心停止に襲われる青年など、治療法を切望する方々とサンダース医師とのドキュメンタリーです。


林さん、ご連絡くださりありがとうございます。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 相澤

『奇妙な死刑囚』

本日は、協力会社の海と月社さんから刊行された新刊書『奇妙な死刑囚』をご紹介いたします。
翻訳者は栗木さつきさんです。



ある日突然まったく身に覚えのない事件で逮捕され、死刑囚にされた黒人男性。
名前はアンソニー・レイ・ヒントン。本書の著者です。
彼が死刑囚にされた理由は、貧しく黒人だったから。
アリバイもあり、確固たる証拠もあったのに、法廷ではすべて無視され、何度裁判を繰り返しても、死刑という判定は覆りません。
狭くて暗い独房内では、ゴキブリやネズミが這いずり回り、いつ自分が連れて行かれるとも分からない処刑室までわずか数メートルというところで長い年月を過ごしました。
その年月たるや30年-。

早速読ませていただきましたが、途中何度も読むのが辛くなりました。
30年もの間、いつ処刑されるとも分からない状況で生きていくなんて、想像しても想像しきれません。
それも身に覚えのない罪で。
私なら、きっとまともな精神ではいられないと思います。

ただ、そんな辛い状況でさえヒントン氏は、人間性を失わず、毅然とした態度で、そしていつだって人を楽しませようとするユーモアを忘れません。
読むうちに、こちら側が鼓舞されるような気持ちにさせられます。

支えてくれた友人、優秀な弁護士の存在もとても印象的でした。
特に弁護士が、ヒントン氏を認めようとしない相手に対して、一歩もひかず、頑とした姿勢で相手に対峙するシーンには胸が熱くなりました。

掛け値なしに、ぜひ多くの方に読んでいただきたい一冊です。
編集者のMさん、ご恵贈くださりありがとうございました。

アメリア事務局 河原
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク