FC2ブログ

『LUCIFER/ルシファー シーズン3』

秋本番。肌寒い日も増えて、ランニングをするには良い気持ちのよい季節となりました。皆さん、スポーツは何かされていますか?

さて、本日はアメリア会員の阪東真実さんが字幕翻訳(配信およびDVD)を手がけられた映像作品をご紹介いたします。
※26話中22話(第3, 6, 7, 13話以外)、およびDVD特典映像をご担当。

『LUCIFER/ルシファー』シーズン3
詳細はこちら→CLICK!

イケメンかつチャーミングでカリスマ性にあふれた地獄の王ことルシファー・モーニングスターが、ロサンゼルス市警の刑事クロエ・デッカーと協力して犯罪者を捕まえる、堕天使の物語がサード・シーズンに突入。ルシファーは、自分を誘拐した人物の正体、自分が天使の羽を取り戻した理由を解明しようとする。そこへ、マーカス・ピアース警部補が登場し、状況はさらに悪化する。ルシファーとは真逆なピアースは戦略的で控えめ、また、人々から尊敬される人物。しかし困ったことに、彼もまたイケメンかつチャーミングでカリスマ性にあふれ、クロエの目を引いてしまうのだった。(アマゾンより)

本作もいよいよサードシーズンに突入。
シーズン1から順番にご覧いただくと、より楽しめること間違いなしです!

阪東さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後益々のご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『最速でトップに駆け上がる人は何が違うのか?』

この前、宇都宮に餃子を食べに行ってきました!

事前に行きたいお店をいくつかピックアップしておき、思う存分餃子を楽しみました。最終的に食べた個数はひとり24個…。どれも皮はモチモチ、具はジューシーで案外ペロリと完食してしまいました(笑)

さて本日はアメリア会員の加藤万里子さんが翻訳なさった作品を紹介いたします!



~内容紹介(Amazonより)~
・内向的な人のほうが期待値を超える
・致命的な失敗もCEOへの道に影響しない
・業績が悪いCEOは熱心に働く
・成功するCEOのほとんどは凡人
・難解なことばを使う人はCEOになりにくい

学歴・運・経験は必要ない!これらの特性は実践と経験によって形作られ、キャリアのどの段階でも習得できる。キャリアスキルを高め、ポテンシャルをフルに発揮したいすべての人に役立つ1冊



2,000人のCEOデータを分析したという本書。仕事ができる人とそうでない人の差は一体どこにあるのでしょうか?

本日10/12(金)発売です!

素晴らしい作品をお知らせいただき、ありがとうございます。
ますますのご活躍をお祈りしております。

事務局 相澤

『ジュラシック・ユニバース ダークキングダム』、『イマジン~ジョン&ヨーコ~』

本日はアメリア会員の川岸史さんの翻訳作品(吹替翻訳と共訳)を
2つ、ご紹介いたします
どちらも注目度の高そうな作品です





10月3日発売、吹替翻訳を担当されたそうです。

遺伝子実験で甦った恐竜に生き残りを懸けた戦いを挑むSFアクション。
極秘施設で作られたどう猛な恐竜が隔離部屋から脱走する。
施設内に残された科学者たちは、最終手段である猛毒ガスが
噴射される2時間後までに恐竜たちを制圧しようとするが…。
(Amazonより引用)


科学者と恐竜の決死の戦い、
どうなるのでしょうか
気になります


続きまして…もう一つの作品です





本日10月9日発売、共訳をご担当。
特設サイトもご紹介いたしますコチラ


世界初公開の写真資料が満載!
伝説のアルバムはいかに作られたのか?
はじめて明らかになる奇跡の9日間

制作現場、アートワーク、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー、そして関わった人々をめぐるインサイド・ストーリーの決定版!
ジョンとヨーコの曲「イマジン」をタイトルに冠した伝説のアルバム『イマジン』。
発想が生まれるところから完成まで、当時その場に居合わせたミュージシャンや技術者、スタッフらのまったく新しい理解や解釈とともに制作過程が語られる。

●80%の写真がこれまで未公開のもの
●アルバム製作中のさまざまなカットを収録
●家の内部写真や詳細な間取りなども掲載
(Amazonより引用)



川岸さんからコメントもいただきました

二十歳くらいの頃から、へこたれそうになった時にジョンの言葉を
思い出して頑張る、ということを定期的にしていたので、
今回ジョンとヨーコの本を訳す機会に恵まれて、とても光栄でした。


翻訳の仕事を通じて、また新たな出会いが生まれるって素敵ですね


川岸さん、お知らせありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法 』

台風接近の先週末、テントをコテージに変更して山中湖キャンプを強行しました!ワンフロアのコテージに7人並んで寝るという合宿状態でしたが、良い思い出になりました

本日は、アメリア会員東出顕子さんにお知らせいただいたご訳書をご紹介します!

はじめにお知らせですが、11月1日、2日に著者のアダム・カヘン氏が来日し、ご訳書に関連した講演ワークショップの開催予定があるそうです。ワークショップはキャンセル待ちとのことですが、講演にはまだ空きがあるそうです。ぜひこちらからチェックしてみてくださいね!



東出さんからもご紹介文をお送りいただきました!

10月31日発売の訳書をご紹介します。著者アダム・カヘンの本を訳すのはこれで3冊目です。

~Amazon紹介文より~
SNSを開けば自分と同じ意見が流れ、住む場所や働く相手も、自由に選びやすくなった時代。
それでも、世界にも職場にも家庭にも、意見の合わない人は存在する。
彼らと「合意」はできなくても、異なる正義を抱えたままでも、
共に前に進むことができたら、どんな未来がひらける―?
世界50カ国以上で多岐に渡る人々と共に、解決困難な課題に向き合ってきた世界的ファシリテーターであるアダム・カヘン氏が、その経験をもとに編み出した新しいコラボレーションを説く。
~ここまで~


東出さん、ご訳書をお知らせいただき誠にありがとうございます
今後のご活躍もとても楽しみにしております

アメリア事務局 並木

『ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく』

少しずつ気温が下がり、鍋が恋しくなる季節になりました!今日の夜ご飯どうしよう…と迷ったときの心強い味方でもあります(笑)

さて本日はアメリア会員の矢島麻里子さんが翻訳なさった一冊をご紹介いたします。



~作品紹介(Amazonより~
あなたの人生をうまくいかせる最短の道は、まわりの人をうまくいかせることです。

何歳であろうと、どんな職業であろうと、たった今どう感じていようと、ポジティブな影響を与えるために必要な変化を起こすことができます。そうやって人の人生を豊かにするうちに、あなたの人生も想像できないほど豊かになります。

有意義で、人から尊敬され、認められる、幸福に満ちた人生を築くシンプルな方法を紹介!



矢島さんより素敵なコメントもいただきました。

「初めての訳書『10年後、後悔しないための自分の道の選び方』の著者、慶應義塾大学名誉教授ボブ・トビン先生の新作です。今回は光栄にも、ご指名をいただいて翻訳を担当しました。

まわりの人々にいい影響を与え、自分の人生を豊かにするヒントが散りばめられた一冊です。多くの方に読んでいただけたら幸いです。」


矢島さん、2冊続けてのご刊行おめでとうございます!

素晴らしい作品をお知らせいただき、ありがとうございます。
ますますのご活躍をお祈りしております。

事務局 相澤

『絶滅できない動物たち 自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ』

事務局の近所に大好きなタイ料理屋さんがあるのですが、今日のランチはそこで日替わり定食を食べられて幸せでした。

本日2冊目のご紹介です!アメリア会員の大下英津子さんのご訳書です。
大下さんからすてきなコメントをお寄せいただきました

「訳し終えたいま、いつかこの本に登場している黄色いチビガエル、「キハンシヒキガエル」に会いに行こうと思っています。

不明点を著者に訪ねたら、快く答えてくれたばかりか「一所懸命訳してくれてありがとう。ニューヨーク(著者はブルックリン在住)に来たら一杯おごるわね」と申し出てくれたのが嬉しかったです。絶対いつか行かなければ!(笑)」



大下さん、「キハンシヒキガエル」はどこに生息しているんでしょう?娘がベランダでおたまじゃくしをカエルにかえした時に絶叫したヘタレな私でも会いに行けますでしょうか!?

ご訳書をお知らせいただき誠にありがとうございます
今後のご活躍も心から応援しております

アメリア事務局 並木

『The Mr Porter Paperback: The Manual for a Stylish Life』

久々の青空、解放感が半端ありません昼休みは事務局の近所を散歩しました

本日は、アメリア会員の名取祥子さんのご訳書をご紹介します。
こちらのご訳書、アメリアの会員プロフィール検索によるスカウトでご縁が生まれたお仕事なんだそうです!

2017年4月1日~2018年3月末日までにアメリアで発生したスカウト件数は、なんと1,091件!翻訳実績や精通分野、趣味や特技まで公開いただくことで、ニッチなジャンル、急ぎのお仕事、非公開で進めたいお仕事等の依頼が舞い込みます。プロフィールはぜひとも公開くださいね!




名取さんから嬉しいコメントをお寄せいただきました

「アメリア経由でお声がけいただいた出版社より、初めての翻訳書が2018年9月25日に発売となります。世界最大のメンズ向けeコマースサイト、MR PORTERによる現代のすべてのジェントルマンのためのスタイルブックです。監修は大手セレクトショップのBEAMS。ファッションやスタイルはもちろん、デザインやアート、さらにはバーやスパでのスマートな身のこなしに関する英国らしいウィットに富んだコラムをお楽しみいただければ、うれしいです!」

名取さん、初めてのご訳書のご刊行、本当におめでとうございます!
今後のご活躍もとても楽しみにしております

アメリア事務局 並木

『モーツァルトのムクドリ 天才を支えたさえずり』

雨続きで少し気分も落ち込みがちになりますが、今日は、そんな気分を爽やかにするような作品をご紹介いたします。

アメリア会員の宇丹貴代実さんが翻訳を手がけられた訳書です。

モーツァルトのムクドリ ―天才を支えたさえずり―
青土社さんの紹介ページはこちら⇒CLICK!

ムクドリと聞いてどんなイメージを持たれますか?
鳴き声がうるさい鳥?
大群で動いて、あちこちにフンを落としていく迷惑もの?

もしそういったイメージをお持ちであれば、本書を読めば少しイメージが変わるかもしれません。
実はあのモーツァルト、ムクドリをペットとして飼っており、そのさえずりから音楽のインスピレーションを得ていたのだとか。
本書には、ムクドリの写真もおさめられており、愛くるしい姿に思わずキュンとなるかもしれません。

ちなみに、宇丹さん、鳥がお好きで本書以外にもこのような作品を翻訳されています。
ハヤブサ その歴史・文化・生態
マンブル、ぼくの肩が好きなフクロウ
上記タイトルをクリックしていただくと、ブログの紹介記事をご覧いただけます。
よろしければ、合わせてご覧ください。

宇丹さん、いつもながらのお気遣いをありがとうございました。
またご連絡いただけますことを楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原

『ディープウォーター: 語れない死体』『THE DUFF/ダメ・ガールが最高の彼女になる方法』

秋雨前線に加えて台風も到来。お天気が不安定ですね。週末はBBQを予定しているので(それも幹事!)、やきもきしています。
すっきり晴れてくれるといいんですが…。

さて本日はアメリア会員の新田美紀さんが字幕翻訳を手がけられた作品を2点、ご紹介いたします。

ディープウォーター: 語れない死体
※全4話中、第2~4話をご担当
故郷ボンダイ・ビーチに舞い戻った女性巡査トーリ・ラスティグマン。ゲイ男性の殺人事件を追ううちに、何年も前の兄の謎の死との関連が明らかになっていく。(NETFLIXより)
サイトはこちら⇒CLICK!

THE DUFF/ダメ・ガールが最高の彼女になる方法
見た目がイマイチなビアンカ。素行の悪い友人へノートを貸すことを条件に、イケてる女子になる為の「コーチ」を受けることになるのだが・・・。(一部アマゾンより引用)
サイトはこちら⇒CLICK!

ぜひどちらもお楽しみください

新田さん、お知らせいただきありがとうございます。
またご連絡いただけますことを楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原

『エンジェルタロット』

本日はアメリア会員の千代美樹さんの訳書をご紹介いたします。





本書はタロットカード78枚フルデッキと、カードの意味やスプレッド(並べて占う方法)の
解説を載せたガイドブックのセット
だそう。
千代さんが翻訳を手がけたはこのガイドブックです。

コメントもいただきましたのでご紹介いたします

著者は、昨年ご紹介させていただいた拙訳書『オーシャンタロット』と同じで、
英国の有名なクレアボヤント(透視能力者)でありタロットリーダーである
ジェーン・ウォレスです。
『エンジェルタロット』は、天使からのメッセージがこめられているのが
特徴で(著者には天使の姿が見えるそうです)、見ているだけでも
癒される美しくやさしい絵柄です。『オーシャンタロット』と同様、
カードに「逆位置」の意味(カードを逆さに置いた時の意味)を持たせておらず、
解釈が概してポジティブです。ガイドブックは、タロットビギナーにも
わかりやすく書かれていると思います。



事務局にカードをお送りいただきましてありがとうございます
コメントにもいただきました通り、美しくて優しい絵柄で癒されました

千代さん、お知らせいただきありがとうございます
今後のご活躍も心より楽しみにしております


事務局 入江

『フィンランドの幸せメソッドSISU(シス)』

昨日、今日と東京は冷たい雨が続いていますね。これから秋が始まると思うとちょっと楽しみです(笑)
なんといっても栗やお芋のスイーツがいっぱい発売されますからね!

さてアメリア会員の柳澤はるかさんが翻訳なさった作品を紹介いたします。



~作品紹介~
「SISUシス」―。フィンランドの人々に古くから受け継がれる特別な精神力、いわば「フィンランド魂」。厳しい状況で発揮されるしなやかな精神性、困難に立ち向かう勇敢さ、忍耐などを指す。

そんな「折れない心」は、日々の健やかな心身に宿るとされる。サウナ・アイススイミング・森林浴、シンプルなエクササイズ・食事法・暮らし方などを通じて、「シス」を育む方法を紹介!


柳澤さんからコメントもいただきました

「2018年の世界幸福度ランキングで1位になった国、フィンランドの幸せの秘訣に迫る本書。

SISU(シス)とは、フィンランド人特有の強くたくましい精神のことで、いわば『フィンランド魂』。シスとは何か、どうしたらシスを育むことができるのかを説く本書を翻訳しながら、私も自分自身のシスを鍛える日々でした。

フィンランドといえばサウナが有名ですが、本書を通して、サウナが人々の生活の一部であること、幸せに欠かせないアイテムであることもわかりました。

『日本から一番近いヨーロッパ』ともいわれるフィンランド(成田から約9時間半のフライト)を、より身近に感じて頂ければうれしいです。」


健やかな体と折れない心を手に入れるヒントがたくさんつまっていそうです
ムーミンの故郷でもあるフィンランド、意外と成田から近いですね。一度訪れてみたいです!

素晴らしい作品をお知らせいただき、ありがとうございます。
ますますのご活躍をお祈りしております。

事務局 相澤

『アメリカを荒らす者たち シーズン2』

ヒンヤリなお天気続きですね
急に気温が下がると体調を崩しやすいので皆さまお気をつけください

本日はアメリア会員の天野優未さんの翻訳作品をご紹介いたします。


『アメリカを荒らす者たち シーズン2』 Netflix配信中
※第1話、第8話の字幕翻訳をご担当

詳細はコチラ


天野さんからコメントもいただきました。

Netflixで公開中の"アメリカを荒らす者たち シーズン2"の
第1話と第8話(最終話)の字幕翻訳を担当しましたので、
ご紹介いたします。

あらすじ等はこちらのリンクからご覧いただけます。

この作品はモキュメンタリー(mock-documentary)で、
ドキュメンタリーのように見せかけた架空の物語です。
シーズン1から、小学生の下ネタのような事件に、大真面目に
ドキュメンタリー風に迫る…というシニカルさが売りなのですが、
シーズン2ではより一層下品さが増してます(笑)
とても面白い作品なのですが、汚い映像が苦手な方や、
食事中の視聴はオススメできません。

そういうコメディタッチな特色も持つ一方、他人を傷つけること、
決めつけや思い込みの恐ろしさ、現代的な生きづらさ…といった
テーマなどについて考えさせてもくれます。



お下品ながらも奥が深そうなこちらの作品、面白そうです

天野さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『ローズ・アンダーファイア』

いよいよ秋本番ですね。読書にスポーツに食欲に…皆さんはどの秋でしょうか?

本日は、アメリア会員の吉澤康子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。



同著者による前作『コードネーム・ヴェリティ』は日本でも多くのファンを獲得しましたが、本作は、その姉妹編にあたるのだとか。
登場人物も両作品で重なるそうですので、両方お読みいただくと、より面白さが増すのではないかと思います。

吉澤さん、いつもながらのお気遣いをありがとうございます。
今後も、お仕事情報を楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原

『月光殺人事件』

今週末は神宮球場へ野球観戦に行く予定です!夏の暑さもようやく落ち着いたようなので、心おきなく楽しめそうです


さて本日ご紹介するのは、アメリア会員の福井久美子さんが翻訳なさった作品です。



~作品紹介(Amazonより)~
湖畔のキャンプ場に展開する恋愛模様…そして、殺人。オーソドックスなスタイルの本格ミステリ『月光殺人事件』が完訳でよみがえる!

アメリカのとある湖畔のキャンプ場で繰り広げられる、男女7人の人間関係…一体どうなってしまうのでしょうか!?


素晴らしい作品をお知らせいただき、ありがとうございます
ますますのご活躍をお祈りしております。

事務局 相澤

『ストレングス・スイッチ 子どもの「強み」を伸ばすポジティブ心理学』

爽やかな陽気で過ごしやすいですね

本日はアメリア会員江口泰子さんが翻訳されたご訳書をご紹介します
育児ってついつい減点方式になりがちなんですよねどうしたら親も子も苦しまずにすむの?そんな悩みに寄り添ってくれる1冊です。



江口さんから素敵なご紹介文をお寄せいただきました

(江口さんより)
  親はつい我が子の弱点に注目しがちですが、本書では子どもの強みを見つけて伸ばそうと提案します。その方法のひとつが「ストレングス(強み)スイッチ」。子どもの弱点に目がいきそうになった時に、頭のなかでスイッチを思い描きます。そしてそのスイッチをぱちんと入れ、それまで弱点に当たっていた光が消えて、強みに光が当たるイメージを思い浮かべます。すると、脳の「弱点モード」が一瞬で「強みモード」に切り替わって、子どもの強みを見つけられるという方法です。

 また強みとは何か強みは子どもの人生をどう豊かにするのか弱点に注目してしまう思考の4つの癖強みの発達を促す方法のほか、注意力の鍛え方感謝の重要性マインドフルネス自己コントロール力子どもの褒め方など、とても盛りだくさんです。「親のしつけスタイルを知るテスト」など、エクササイズも26個掲載しています。

 著者は母親がうつ病の家庭に育ち、自身も壮絶ないじめや過食症、嘔吐癖など大変な人生を歩んできました。でも、長男の妊娠を機にポジティブ心理学を学び、ふたりの我が子を楽観的でレジリエントな子どもに育てました。そのような体験をもとにした、とても説得力のある1冊だと思います。


私もアンガーマネジメントを学び始めたばかりなので、ぜひこちらのご訳書でも勉強させていただきたいです。江口さん、お知らせありがとうございますこれからも応援しております!

アメリア事務局 並木

『ジ・アメリカンズ シーズン6』

本日はアメリア会員の伊勢田京子さんと亀井玲子さんが吹替翻訳なさった作品を紹介いたします!

今回ご紹介するのはシーズン6となりますが、お二人はシーズン1からご一緒に翻訳なさっているそうです。

『ジ・アメリカンズ シーズン6』
Neiflix配信中(伊勢田さん1~5話・7話ご担当、亀井さん6話・8~10話ご担当)

~作品紹介(Netflixより)~
レーガン政権時代、ワシントンDC近郊に潜伏するソ連のスパイ夫婦の生活を追った冷戦時代ドラマ

素晴らしい作品をお知らせいただき、ありがとうございます
ますますのご活躍をお祈りしております。

事務局 相澤

『サバイバルボディー』

本日は、スポーツや体を鍛えたりすることがお好きな方には、特にオススメしたい一冊をご紹介いたします。
アメリア会員の小林由香利さんが翻訳を手がけられました。



上記、書影の帯をご覧になってお気づきなった方もいらっしゃるかもしれません。
「アイスマン」こと、ヴィム・ホフさん。そう、ヨーグルト(R-1)のCMに出ていた方です。

訳者の小林さんによると、著者の取材対象はヴィム・ホフさんと彼のメソッドだけでなく、 「スパルタンレース」など、いわゆるエクストリームスポーツや高強度インターバルトレーニングなどにも及び、 かつ科学的検証や人類学的な観点からの考察も随所に織り込まれていて、 なかなかジャンル分けの難しい、ユニークな一冊になっているのだとか。

ぜひお手にとってご覧ください。

小林さん、いつもありがとうございます。
今後益々のご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『ネクストロボ』『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン4』

本日はアメリア会員の伊勢田京子さんが吹替翻訳なさった2作品を一挙ご紹介いたします。

『ネクストロボ』
Netflix配信中

~作品紹介(Netflixより)~
いつも独りのメイは、ぐうぜん見つけた秘密のロボットを起動してしまう。友だちになった2人はいっしょにいじめっ子をげき退!そしてなんと世界一の悪党まで。

少女とロボットの友情を描く、ファミリー映画だそうですよ


『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン4』
Amazonプライムビデオ配信中(全話ご担当)

~作品紹介(Amazonより)~
「ウォーキング・デッド」と同じ世界を舞台に、問題を抱えながらロサンゼルスで暮らす混合家族の目を通して、ゾンビによる世界の終末が訪れる様子をリアルに描くドラマ


素晴らしい作品をお知らせいただき、ありがとうございます
ますますのご活躍をお祈りしております。

事務局 相澤

『トレイン・ミッション』

昨日の台風、すごかったですね。東京も風が強く、さすがに自転車は危険と考え、昨日は歩いて帰宅しました。
自然の猛威は、本当に怖いです。

さて、本日はアメリア会員の大岩剛さんが吹替翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします。



名優リーアム・ニーソンによるサスペンス。
詳細はこちらにてご確認いただけます。
予告を見るだけでもドキドキ・ハラハラしました。
ぜひお楽しみください。

アメリア事務局 河原

『科学の迷信 世界をまどわせた思い込みの真相』

昨日、とある英会話学校の入校カウンセリングを受けてみたのですが、説明だけで3時間半!とても論理的かつ研究熱心で色々と参考になりました

本日は、アメリア会員安納令奈さん梅田智世さん他の共訳書をご紹介します。
※安納令奈さんは第5章、梅田智世さんは第6章をご担当されたとのこと。

科学にまつわるウソやニセモノの事例が100個も紹介されているんだそうです!



(Amazonより)
なぜ、あっさり信じてしまうのか?

「剃ると毛は濃くなる」「レミングは集団自殺する」など。一見、もっともらしいが実は間違っている、あるいは、かつては正しいと信じられていた“科学知識"を100個紹介。
なぜ、そのような思い込みが広がったのか。ウソやニセモノが生まれた背景と顛末に迫る。


安納さん、梅田さん、お知らせありがとうございました。
今後のご活躍も心から応援しております

アメリア事務局 並木
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク