FC2ブログ

『西洋の自死: 移民・アイデンティティ・イスラム』

来週末はとうとうクリスマスですね!皆さまはどのようなクリスマスをお過ごしになるのでしょうか

本日はアメリア会員の町田敦夫さんが翻訳なさった作品をご紹介します。




~内容紹介(Amazonより)~
出生率の低下、移民問題、増幅する社会への不信感、自己嫌悪感など、今日の欧州大陸を覆う閉塞感は、人々が自身の社会について議論したり社会変化に対抗する力を弱体化させ、欧州は自壊への道を進んでいる。

著者は、シリア難民や移民問題をめぐって、ベルリンからパリ、ギリシャなど欧州を横断し、難民、歓迎側、拒否側など、様々な立場の人々を取材しながら、独自の視点で、今日の欧州が自らを追い詰めていく人口的・政治的現実を分析。

欧州各国がどのように外国人労働者や移民を受け入れ始め、そこから抜け出せなくなったのか。マスコミや評論家、政治家などのエリートの世界で、移民受け入れへの懸念の表明がどのようにしてタブー視されるように至ったのか。エリートたちは、どのような論法で、一般庶民から生じる大規模な移民政策への疑問や懸念を脇にそらしてきたのか。

欧州が前提としてきた「人権、法の支配、言論の自由」をコアとする啓蒙主義以降の西洋近代が潰えていく様を描く。



町田さんよりコメントもいただきました。


「大量移民を受け入れたことで自由と安全を失いつつある欧州。通称「移民法案」に揺れる日本社会にとっても、極めて示唆に富んだ内容になっております。」


日本も移民問題を真剣に考えねばならない時が来ていますね。すでに移民が多く暮らす欧米から学ぶことは多そうです。

町田さん、翻訳作品のお知らせをありがとうございました。
これからのご活躍もお祈りしております!

アメリア事務局 相澤

『政治の衰退 下』

冷え込みが厳しい毎日ですが、体調など崩されてはいないでしょうか
私はとにかく早寝を心掛けています

アメリア会員江口泰子さんが翻訳協力された作品をご紹介します!

(江口さんより)
フランシス・フクヤマの新刊です。
2013年11月と12月に刊行された1、2巻目「政治の起源(上)(下)」、
今年6月に刊行された3巻目の「政治の衰退(上)」に続いて、全4冊分のうちの4巻目になります。

自由民主主義は政治制度発展のモデルとして、普遍性を持つのか。
アメリカ、中国、日本の政治制度の未来とは?
フクヤマ政治理論の集大成です。



(Amazonより)
「人類誕生からフランス革命に至るまでをグローバルに俯瞰し、「歴史の始まり」を書いたと評された前作『政治の起源』を引き継いだのが本書『政治の衰退』。下巻は第2部「諸外国の制度」の第19章「アフリカの嵐」以降を収めた。
自由で民主的な政治制度を達成するには、「国家制度」「法の支配」「政府の説明責任」の3つが要件となるが、3つがバランス良く整うのはむずかしい。アラブ、アフリカ、ヨーロッパからアメリカ、東アジアまで、フクヤマの歴史的、思想的洞察が展開される。

これまでのシリーズも全てブログでご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいね
政治の起源(上)
政治の起源(下)
政治の衰退(上)

江口さん、この度はお知らせありがとうございます
今後のご活躍も応援しております

アメリア事務局 並木

『NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ』

近所を歩いていると大きなクリスマスツリーや光るトナカイやサンタがあり
楽しい気持ちになります。この前はベランダにのぼるサンタクロースを見かけました
シトシト雨のなか、あのサンタは元気だろうか…と気になります

さて、本日はアメリア会員の神崎朗子さんの訳書をご紹介いたします。
「今世紀最強のベストセラー! ついに日本上陸!」です。





神崎さんから素敵なコメントをお寄せいただきましたのでご紹介いたします

テクノロジーの急速な発展によって、社会の権力構造にも大きな変化が現れています。
本書の著者、ジェレミー・ ハイマンズとヘンリー・ティムズは、 そうした世界的なパ
ワーシフトを読み解き、理解するための画期的な枠組みを打ち出しました。それが「ニ
ューパワー」と「オールドパワー」です。

最先端のテクノロジーの詳しい仕組みは、誰もが理解するのは難しいとしても、その悪
用を阻止し、善用を図るには、そのテクノロジーがどんなもので、どのような目的に使
用される可能性があるかについては、すべての人が理解しておかねばならない時代にな
りました。

それと同じで、ニューパワーの善用を図るには、ニューパワーの特徴や使い方を理解す
る必要があります。まさに現代人の必読書と言えるでしょう。翻訳ノンフィクションな
らではの魅力や醍醐味がぎっしり詰まった、刺激あふれるこの一冊、強くお勧めしたい
です。



訳書を拝見し「オールドパワー」と「ニューパワー」の対比が
新鮮ながら実感できる部分も。まさに大転換の時期ですね。

神崎さん、刊行訳書をお送りいただきましてありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

10 RULES 最高のキャリアを作る10のルール

とっても寒いですね外に出るのも本当にイヤになりますが、気温3度の中、心を鬼にして、今朝ランニングをしました。用心して着こみ過ぎたか、走り終わる頃には汗だくになりました。

さて、本日はアメリア会員の三輪美矢子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。



著者は、オバマ前大統領の大統領補佐官。32歳という若さでその座に就き、オバマ大統領を支えてきた一人です。
その著者が自身の信条を10にまとめたのが本書。
大統領補佐官の仕事も垣間見える楽しい一冊です。
ビジネスマンの方はもちろん、ぜひどなた様もお手にとってご覧ください。

三輪さん、またお目にかかれますことを楽しみにしております
アメリア事務局 河原

『[新訳]最前線のリーダーシップ―何が生死を分けるのか』

急に寒くなりましたね。こんな日は温かいお鍋が食べたいです。

アメリア会員の野津智子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。



本書は2007年にファーストプレスさんから刊行された『最前線のリーダーシップ』の原書に、新序文が加えられた「Leadership on the Line, With a New Preface」の全訳だそうです。

翻訳は野津智子さん。自己啓発書、ビジネス書を中心にされ、『仕事は楽しいかね?』(きこ書房)をはじめ、数々の翻訳を手がけていらっしゃいます。
永遠の金字塔を、ぜひ野津さんの翻訳でお読みください。

野津さん、このたびはありがとうございました。
またお目にかかれる日を楽しみにしております。

アメリア事務局 河原


『最強のポジティブチーム』

冷え込みが厳しい毎日ですね
睡眠、栄養を整えて風邪を予防したいですね

本日は、アメリア会員稲垣みどりさんが翻訳された『最強のポジティブチーム』をご紹介します!



著者のジョン・ゴードン氏は、数多くの有名企業や一流のスポーツチームの組織文化やモチベーション改革を手がけてきたアメリカNo.1のカリスマトレーナー。組織を活性化させ、逆境にも打ち勝つことができるポジティブなカルチャーの作り方をわかりやすく手ほどきします。

「絆を強める七つのエクササイズ」などチーム全員で実践できるエクササイズも収録されているとのこと。“チームアメリア”も勉強させていただきたいです!


稲垣さん、ご訳書をお知らせいただきありがとうございます
今後のご活躍も心より応援しております

アメリア事務局 並木

『ティーン・タイタンズGO! 』

真冬並みに寒い週明けとなりましたね。これからこの寒さが続くかと思うと、朝の辛さに早くも心が折れそうです…

さて本日はアメリア会員の大石盛寛さんが字幕翻訳なさったNetflix作品を紹介いたします。


『ティーン・タイタンズGO! 』

※大石さんのご担当は、シーズン4・エピソード2「大人になろう/他」です。

~作品紹介(Netflixより)~
ロビン、スターファイアー、レイブン、ビーストボーイ、サイボーグは悪から街を守るヒーロー。でもそんな彼らの強い個性は、時には内輪もめを引き起こす!?


大石さんからコメントもいただきました!

「個人的にも好きなDCコミックス作品のアニメシリーズの字幕翻訳に関われる日が来るとは、思いもしませんでした。」

お好きであったDCコミックス作品のアニメ字幕翻訳をなさったとのこと、おめでとうございます

ワクワクするコメントをいただき、なんだか私までモチベーションが上がってきました!

大石さん、翻訳作品のお知らせをありがとうございました
ますますのご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 相澤

『ミラクル』

暖冬かと思いきや週末は冷え込むみたいですね。

本日はアメリア会員の浜田かつこさんの訳書をご紹介いたします。




とても素敵な表紙で見入ってしまいます。

浜田さんからコメントをいただきました。
ご紹介いたします。

わたしはこの作品を翻訳するまで知らなかったのですが、
難病や障害をもつ子のきょうだいをきょうだい児というのですね。
物語の主人公ミランダもきょうだい児です。重い病気をかかえる姉がいて、
両親は姉にかかりきり。ミランダは家族に対する不満や
姉を失うかもしれない不安を感じながら生活しています。
作者のシヴォーン・パーキンソンはあくまで子どもの目線で、
ミランダにとてもストレートに気持ちを語らせていますが、
それだけにとどまらず、現状を打開し、前を向いて生きようとする強さも
描いています。読みながら、子どもの生きる力って半端ない!と感じられる一冊です。



私も「きょうだい児」という言葉、知りませんでした。
「わたしには奇跡を起こす力があるかもしれない。」という主人公ミランダの
想いを応援したいと思いました。

浜田さん、本書をお送りいただきありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『くるみ割り人形と秘密の王国』

急に寒くなりましたが、皆さん、体調は崩されてませんでしょうか?

さて、本日はアメリア会員の山北めぐみさんが翻訳された訳書をご紹介いたします!
その名も『くるみ割り人形と秘密の王国』



こちらは現在、公開中の『くるみ割り人形と秘密の王国』のフォトストーリーブック
(映画情報はこちら⇒CLICK

ぜひ現物をご覧いただきたいのですが、全ページ、オールカラーのビジュアル本
写真を眺めているだけで、うっとりするような、そんな一冊です。
そして、山北さんによって紡ぎだされた素晴らしい翻訳に、だれもがその物語にのめり込んでしまうはずです。
本書を読んでから映画を見るも良し、映画を見てから読むのも良し。
ぜひこの機会にチェックしてくださいね。

山北さん、お知らせいただきありがとうございました。
そして編集者のKさん、お疲れさまでした!
素敵な一冊を生み出してくださったお二人に感謝しつつ…

アメリア事務局 河原

『ニュー・ダーク・エイジ』

とうとう今年も残すところ、あと1か月となりました!ついこの前2018年になったばかりのような気がしているのですが…

さて本日はアメリア会員の栗原百代さんが翻訳なさった作品をご紹介します。



※本当は真っ赤な表紙に黒字のタイトルというかっこいい表紙なのですが、12/6現在書影の準備ができていないようです。お見せできなくてごめんなさい!

~作品紹介(Amazonより)~
情報テクノロジーはますます進化し、産業構造や社会生活の変革を加速している。

しかし今、多くの人々は情報の海で道に迷い、単純化された物語や「ポスト真実」に惑わされている。金融、ショッピング、AI、国家機密に至るまで、私たちは世界がどのようにガバナンスされているかを理解できなくなっている。

こうしたIT時代に潜む諸問題に、私たちはどう対処するべきか?



栗原さん、訳書をお送りくださりありがとうございました。
今後のご活躍も心より応援しております。

アメリア事務局 相澤

ドキュメンタリー「R・シュトラウス~虹の終着にて」

11月もいよいよ本日で最後ですね。先週末に慌ててツリーを飾りました。

本日は、アメリア会員の加藤尚子さん字幕翻訳を手がけられたドキュメンタリー作品、
「R・シュトラウス~虹の終着にて」をご紹介いたします!

クラシカ・ジャパンにて2018年12月9日まで放送中です。
番組紹介はこちらをクリック!

加藤さんからも見どころを教えていただきました


リヒャルト・シュトラウスの作曲の特徴と作品に表現された思いを社会情勢、妻との手紙のやりとり、人柄を織り交ぜながら紹介している作品です。出演者は明瞭に話し、表情も演奏も魅力的です。本人が映っている当時の記録映像もたくさん入っています。

彼の独特な指揮法についての解説もあります。歌曲には彼の主張が言葉で表現されていて、ソプラノ歌手のレッスン場面で使われている歌曲や、当時の収録である「ベルリン・オリンピック讃歌」は音楽の高揚感と相まって感動的です。



当時の収録という「ベルリン・オリンピック讃歌」、私もお聴きしてみたいです
加藤さん、お知らせいただきありがとうございます手がけた作品のお話を今後も楽しみにしております

アメリア事務局 並木

『THE LAST GIRLーイスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語―』

先日、今年のノーベル平和賞の受賞者が決まりましたが、その受賞者のお一人。
イラクの人権活動家ナディア・ムラドさんの自伝が、このたび東洋館出版社さんから刊行されました。
翻訳はアメリア会員の吉井智津さん。フィクションやノンフィクションなど、出版分野で広くご活躍でいらっしゃいます。



吉井さんからコメントをいただきました。
この本のお話をいただき、同じ時代を生きていながら知らなかったことの大きさにショックを受け、早く日本中の人々にも知らせなくてはという気持ちを抱えながら訳していました。ナディアさんのノーベル平和賞受賞で注目が集まっている、このタイミングで刊行できたことで、ほんの少しだけ気持ちが落ち着きました。ひとりでも多くの人にナディアさんの声が届くことを願っています。

東洋館出版社さんのサイトでもご紹介があります。
CLICK!

「私を最後にするために」というタイトルを目にするだけで、胸が締め付けられる思いがします。
一人でも多くの人に手にとっていただければと思います。

吉井さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後益々のご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『究極の占星術事典 THE ASTROLOGY OF YOU AND ME』

三連休、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?
我が家は七五三をしたのですが…もうこれで最後だと思うと心からホッとします

本日は、アメリア会員の岡本由香子さんのご訳書をご紹介します
実際のご訳書もお送りいただいたのですが、例えば「獅子座の彼と初デートでどこへ行くべき?」「双子座の上司に評価されるには?」といった具体的なアドバイスが満載で思わずページをめくる手を止められません!



岡本さんからもコメントをお寄せいただきました

『誕生日事典』の著者による新しいタイプの占いの本です。自分のことを知る目的でも使えますが(わたしも編集者もけっこう当たっていました)、この本の真の目的は、たとえば獅子座の上司や蟹座の友だちとうまくつきあうためのヒントを提供することです。苦手な人がどうしてそういう言動をするのかが理解できるかもしれません。相手を変えようと虚しい努力を繰り返した挙句に怒りを募らせるのはもうやめて、自分の対応を変えてみませんか。

岡本さん、ご訳書をお送りいただき誠にありがとうございます
今後のご活躍も心から楽しみにしております

アメリア事務局 並木

『世界の名言名句1001』『あなたを守れるなら』

だんだん寒い日が増えてきましたね。我が家も暖房を入れ始めました。

さて、本日はアメリア会員の寺尾まち子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。
2冊ありまして、まずはこちら。



寺尾さんからコメントをいただきました。
本邦初訳の作家によるロマンチック・サスペンスです。
原書のラストを読んだときの感動を邦訳でもきちんと伝えたいという思いで訳しました。


もう一つはこちら。アメリア会員の大野晶子さん他との共訳となるそうです。



タイトルどおり、1001の名言を紹介し、解説している本です。
決して堅苦しい本ではないので、枕元に置いていただいて、毎晩寝るまえにひとつずつ読んでいただくという楽しみ方もいいと思います。


ロマンスやミステリ、ノンフィクションと幅広く活躍される寺尾さん。
寺尾さんにお仕事のご相談をされたい編集者さんは、ぜひアメリアまでご連絡ください。

寺尾さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原

『一生お客に困らない常連システムの作り方』

今週末は3連休ですね~!お休みの方も多いでしょうか?
先週の土日は飲むか寝るかのグータラ生活でしたので、3連休こそはしっかり充実させたいです


さて本日はアメリア会員の岩田佳代子さんが翻訳なさった作品のご紹介です!

『一生お客に困らない常連システムの作り方』

※Amazonでのお取り扱いがないためリンクのご案内は割愛しております。ご了承くださいませ。

本の帯によると、新規顧客を優良顧客に育てるシステム構築術についての本のようですね


岩田さん、翻訳作品のお知らせをありがとうございました
さらなるご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 相澤

『マドモアゼル・シック』

もう11月も下旬ですね。
クリスマスやら大掃除やら忘年会やら…何かと慌ただしくなる年の瀬ですが
スッキリ新年を迎えたいものです

さて本日はアメリア会員の神崎朗子さんの訳書をご紹介いたします。





お洒落で可愛らしい絵本

本書は累計100万部のベストセラー『フランス人は10着しか服をもたない』の
著者ジェニファー・L・スコット氏による初めての絵本です。

主人公の女の子エマは、お母さんから
あいさつ、身だしなみ、友だちづきあい、おかたづけ、姿勢、テーブルマナーなど
学びマドモアゼル・シックを目指すというもの。

「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる本だそうです。


娘にぜひ読ませたいと思ってしまいました。
赤い表紙がクリスマスプレゼントにも良さそうですよね


神崎さん、ご連絡をありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『カー・マスターズ ~スクラップがお宝に変わるまで~』

急に冷え込んできましたね。
黄色に染まるイチョウ並木が楽しみです


さて、本日はアメリア会員の笠井拓さんが手がけられた
翻訳作品をご紹介いたします


『カー・マスターズ ~スクラップがお宝に変わるまで~』 Netflix
翻訳のご担当1話目2話目 ボイスオーバー共訳
詳細はコチラ


サイトには日本ではお目見えできないような車ばかりで…面白いです。

安い車をクールな車へと改造し、売らずに価値ある車と交換。
それをさらに高額な車に変身させれば、大金が手に入る。
これが、ゴッサム・ガレージ流の金の稼ぎ方!

(サイトより引用)

夢やロマンも感じられ、応援せずにはいられないですね

笠井さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『グッバイ・クリストファー・ロビン』

週末は畑で収穫体験をしたり、森でたき火をしながら焼き芋やマシュマロを焼いたり…自然を満喫しました!市主催のプログラムに参加したのですが、自力ではまず知ることのない自然スポットを教えてくれるので、毎回とてもありがたいです。

本日は、アメリア会員の井村千瑞さん吹替翻訳を、長尾絵衣子さん字幕翻訳を担当された作品をご紹介します。世界中で愛される童話「クマのプーさん」の誕生秘話を描いた感動作です!



(Amazonより)
作家のアランは、第1次世界大戦から帰還後にPTSDになり、彼を励まそうと妻のダフネは子供を産む。赤ん坊の男の子はクリストファー・ロビンと名づけられ、ナニーとしてオリーヴが雇われる。アランは静養のためにロンドンから田舎に引っ越すが、何も書かないアランに愛想を尽かしたダフネは家を出ていってしまう。オリーヴも母親の看病で実家に帰り、アランとクリストファー・ロビンは2人で過ごすことに。最初はギクシャクしていたが、アランとクリストファー・ロビンは一緒に散歩に行くようになり、ぬいぐるみを使って徐々にキャラクターを創り出していく。息子との日々から構想を練り上げたアランは、新作「クマのプーさん」を生み出す。発表された「クマのプーさん」の勢いは止まらなくなり、物語に登場するクリストファー・ロビンのファンが増え、次第に一家は普通の暮らしができなくなる……。


井村さん、長尾さん、すてきな作品をお知らせいただきありがとうございます
今後のご活躍も心より応援しております

アメリア事務局 並木

『世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること』

さてさて、本日は小巻靖子さんが翻訳をされた作品も紹介させていただきます!



~作品紹介(Amazonより)~
スティーブ・ジョブズ(Apple)、マリッサ・メイヤー(Google、Yahoo)、ポール・グレアム(Y Combinator)など、なぜグローバルリーダーたちは「アート」を重視するのか?欧州トップクラスのビジネススクールで教えられているアート×ビジネスの思考法。


スティーブ・ジョブズは大学を中退した後でも、カリグラフィーの授業には通い続けたとのこと!時代を先駆けてきたリーダーたちが重要視するアート思考とはどのようなものなのでしょうか

素敵な作品のお知らせをありがとうございます。
またのご連絡もお待ちしております!

事務局 相澤

『顔』

このところiPhoneが絶不調でして、ゴーストタッチやタッチしても無反応といった症状に悩まされております…。昨日は勝手に電話をかけ始めたため電源を切らざるを得なくなり、はからずしもデジタルデトックスの1日となりました

さて本日はアメリア会員の浦野文枝さんが字幕翻訳なさった作品をご紹介します。

『顔』

~あらすじ(公式サイトより)~
ドイツ国境に近い村の建設現場で働いていた男が事故に遭った。顔に大怪我を負った彼は、移植手術を受けて故郷に戻るが、誰も彼のことが分からず…。アイデンティティの喪失を激しい音楽とともに描いた意欲作。



ただいま開催中の「ポーランド映画祭2018」にて(期間:11/10から11/23まで)上映されております!

東京会場は、恵比寿ガーデンプレイス内にある「東京都写真美術館ホール」です。同期間中に京都と大阪でも開催されておりますので(大阪は11/13のみ)、ぜひ足を運んでみてくださいね

ミニシアター系の隠れた名作が一堂に会する映画祭はワクワクしますね~!

素晴らしい作品をお知らせいただき、ありがとうございます。
ますますのご活躍をお祈りしております。

事務局 相澤
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク