FC2ブログ

『アメリカ超能力研究の真実――国家機密プロジェクトの全貌』

最近会っていない人のことを何となく思い出していて、
その後電話で話したりする機会があると「なぜか最近自分もよく思い出していた」と言われた経験、ないでしょうか?

これって一種のテレパシーなのでしょうか?

アメリア会員の加藤万里子さんからアメリカの超能力研究に関するご訳書をお知らせいただきました翻訳中はスプーン曲げがしたくなって困ったそうです



加藤さんからのコメントです
2017年1月、CIAは機密解除した1300万ページに及ぶ文書で超能力の実在を公表し、世界を驚かせました。

本書は、調査報道ジャーナリストの著者が情報公開法を通じて独自に入手したファイル、50人以上の関係者への取材をもとにアメリカ政府の数十年にわたる超能力研究プロジェクトの全貌を明らかにしています。

CIAや軍のプロジェクトの中心グループ、国防科学者、政府が雇用したサイキック、そして計画にかかわった物理学者たちの証言もおさめた迫真のノンフィクションです。

懐かしのユリ・ゲラーも登場します。ゲラーをテストした核物理学者たちに起きた奇怪な現象、著者のゲラーへのインタビューにはページを繰る手がとまりません。私自身はこの方面にうといのですが、翻訳中はスプーン曲げがしたくなって困りました。著者のジャーナリストとしての冷静で中立的な視点も好感が持てます。

現在国防総省が推進する先端技術を駆使した合成テレパシーや、悪夢を元気の出る夢に変換するテクノロジーも衝撃的です。
科学対スーパーナチュラルの壮大な探求の物語をぜひお楽しみください。


加藤さんの魅惑的なコメントを拝読し、読みたくてたまらなくなってきました
お知らせいただき誠にありがとうございます

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク