FC2ブログ

リーガル翻訳って?

最近、アメリアの新着案件としても法務・法律関連のお仕事がよく目に留まります。
リーガル翻訳ともいいますね。

企業間の国際取引が増えたことにより、翻訳需要も増加しているのではないかなぁと考えています。

一言でリーガル翻訳といっても、翻訳する文書の内容は契約書利用規約各種証明書から裁判関連文書に至るまでかなり多岐に渡るようです。

法律関係の学位をお持ちの方」「法律関連の翻訳経験が豊富な方」という応募条件もあれば、未経験でも応募可というケースもあります。

翻訳のみならず翻訳チェックのお仕事もありますので、
ご興味をお持ちの方はできるお仕事からチャレンジされてはいかがでしょうか?

ちなみに、契約書といってもその種類はさまざま。
アメリアに掲載した求人情報のなかから、調べてみました。
世の中には多種多様な契約書が存在するのですねぇ

不動産売買契約書
株式譲渡契約書
工事請負契約書
共同開発契約書
業務委託契約書
パートナープログラム契約書
研究実施契約書
治験契約書
出版契約書
…他


最後になりますが、リーガルはリーガルでも裁判関連文書の翻訳にお役立ていただける
アメリアの「リーガル翻訳ことはじめ」は、どなたでも閲覧いただけます

米国の判例から法律用語や知識を吸収できますので、ぜひお役立てくださいね!

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここに列挙されているのはどちらかといえばマイナーな方です。
圧倒的に多いのは次の3つです。
  売買基本契約書
  秘密保持契約書
  代理店契約書
市販されている英文契約書の入門書にはこの3つはほぼ必ず載っていますから、これからリーガル翻訳を始めようとする人はまずここから始めるのがいいです。

アメリアの「リーガル翻訳ことはじめ」は、こういう契約書の翻訳をする上ではほとんど関係なく、申し訳ないですがあまり役に立ちません。

ありがとうございます

コメントありがとうございます。
参考になります!
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク