『筋膜ディストーションモデル』

明日の土曜日はお天気が崩れるところが多いようです。
小学校の運動会が無事開催されるのか気がかりです

本日は、5/10に刊行されたアメリア会員の吉水淳子さんのご訳書をご紹介します!

(吉水さんより)
米国の医師でありオステオパスであったスティーブン・ティパルドスが創始した筋膜(ファッシャル)ディストーションモデル(FDM)という治療について、ドイツ人の著者が紹介し解説した書籍です。米国・日本・欧州・アフリカの各地域にFDM協会が設立されており、原則としてFDM協会に認証されたインストラクターが行うべき専門的な治療ですが、筋膜のねじれやゆがみを正すことにより痛みが軽減や消失するというFDMの治療コンセプトを、熱意と探究心にあふれた著者が解説しています。




筋膜のねじれやゆがみに着目したこちらのコンセプトが、
治療の現場で沢山の方に活用いただけることを願っております

吉水さん、お知らせいただき誠にありがとうございます!
これからのご活躍も応援しております

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク