『クリミナル・タウン』

アメリア会員の金井真弓さんから、またしても訳書をお送りいただきました
先週もお送りいただいたばかりだったので、ビックリです
訳書が続々刊行されて、すばらしいです



この作品は、今年の夏に公開される映画の原作とのこと。
ただ、映画の試写をご覧になった金井さん曰く、原作と映画はずいぶんと
趣が異なるそうです。
これは、両方体験しないといけませんね

少し読み始めているのですが、原作の方は、今のアメリカの現実問題である
人種差別やドラッグ問題が色濃く反映された骨太な作品という印象です。
また、主人公の一人称の語りが、今どきの高校生のリアリティを強く感じさせ、
思わず引き込まれてしまいます。
金井さん、翻訳作品数も多いですが、守備範囲もホントに広いですねー

ワクワクしながら、続きを読ませていただきます。

アメリア事務局 室田

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク