FC2ブログ

『モーツァルトのムクドリ 天才を支えたさえずり』

雨続きで少し気分も落ち込みがちになりますが、今日は、そんな気分を爽やかにするような作品をご紹介いたします。

アメリア会員の宇丹貴代実さんが翻訳を手がけられた訳書です。

モーツァルトのムクドリ ―天才を支えたさえずり―
青土社さんの紹介ページはこちら⇒CLICK!

ムクドリと聞いてどんなイメージを持たれますか?
鳴き声がうるさい鳥?
大群で動いて、あちこちにフンを落としていく迷惑もの?

もしそういったイメージをお持ちであれば、本書を読めば少しイメージが変わるかもしれません。
実はあのモーツァルト、ムクドリをペットとして飼っており、そのさえずりから音楽のインスピレーションを得ていたのだとか。
本書には、ムクドリの写真もおさめられており、愛くるしい姿に思わずキュンとなるかもしれません。

ちなみに、宇丹さん、鳥がお好きで本書以外にもこのような作品を翻訳されています。
ハヤブサ その歴史・文化・生態
マンブル、ぼくの肩が好きなフクロウ
上記タイトルをクリックしていただくと、ブログの紹介記事をご覧いただけます。
よろしければ、合わせてご覧ください。

宇丹さん、いつもながらのお気遣いをありがとうございました。
またご連絡いただけますことを楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク