FC2ブログ

『絶滅できない動物たち 自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ』

事務局の近所に大好きなタイ料理屋さんがあるのですが、今日のランチはそこで日替わり定食を食べられて幸せでした。

本日2冊目のご紹介です!アメリア会員の大下英津子さんのご訳書です。
大下さんからすてきなコメントをお寄せいただきました

「訳し終えたいま、いつかこの本に登場している黄色いチビガエル、「キハンシヒキガエル」に会いに行こうと思っています。

不明点を著者に訪ねたら、快く答えてくれたばかりか「一所懸命訳してくれてありがとう。ニューヨーク(著者はブルックリン在住)に来たら一杯おごるわね」と申し出てくれたのが嬉しかったです。絶対いつか行かなければ!(笑)」



大下さん、「キハンシヒキガエル」はどこに生息しているんでしょう?娘がベランダでおたまじゃくしをカエルにかえした時に絶叫したヘタレな私でも会いに行けますでしょうか!?

ご訳書をお知らせいただき誠にありがとうございます
今後のご活躍も心から応援しております

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

ご紹介ありがとうございます

素敵なご紹介、ありがとうございます!

キハンシヒキガエルは、もともとタンザニアに生息していたのですが、開発が進んで生息地を奪われ、いまはアメリカの動物園2ヶ所で飼育して、ある程度育ったら、ずいぶん狭くなってしまった生息地に戻すという試みが続けられています。

タンザニアまでは行けそうにないので、せめて飼育されている動物園のひとつ、ブロンクス動物園にいつか会いに行けたら、と思っています。

ありがとうございます

大下様

「キハンシヒキガエル」について詳しく教えていただきありがとうございます。
なるほど!とまたまた勉強になりました。

ではNYに行けば著者にも「キハンシヒキガエル」にも会えるのですね!
いつか実現しますように…!NY、私も本当に行きたいです。
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

ツイート
カテゴリ
最新記事
リンク