FC2ブログ

『「ずぼら」ママでも、結局すべてうまくいく!』

今週は少し暖かいようですね
暖かくなるこの季節、なぜか我が家にはよくテントウムシが飛んできます
歩いている姿は可愛いのですが、飛ぶと勢いが良くて…結構怖いです


さて、本日はアメリア会員の三浦直子さんの著書をご紹介いたします。





映像翻訳者としてご活躍の三浦さん、こちらに続いて2冊目の著書です。
本書の「ずぼら」というキーワードに子育て中の私としてはかなり励まされます。

三浦さんからのコメントもご紹介いたします。

「ずぼらでもいいじゃないか!」という、働く主婦を応援する
エッセイ本です。テーマは翻訳とは直接関係ないですが、
翻訳と主婦業を両立させるための話なんかも入っています!



パラパラと読ませていただきましたが、私の「ずぼら」に磨きがかかりそうで
元気をいただきました。
三浦さん、ありがとうございます

多方面に渡るご活躍、今後も応援しております


事務局 入江

『デジャヴュ 失われた愛』

先週末の連休で軽井沢へ行ってきたのですが、春節(旧正月)のためか中国の方の姿が目立ちました。スケートとスキーで何度もすっ転んでは立ち上がり、少しだけ打たれ強くなって帰ってきた気がします

さて本日はアメリア会員の大石盛寛さん字幕翻訳なさった台湾発のNetflix作品を紹介いたします。

『デジャヴュ 失われた愛』
※第20話をご担当

~作品紹介(Netflixより)~
何もかも失ったプリマバレリーナは謎の人物の提案を受け入れ、過去をやり直して失ったものを取り戻そうとする。だが、その代償はあまりにも大きなものだった。

台湾のTVドラマは見たことがないので、ぜひ見てみたいです
大石さん、今後のご活躍もとても楽しみにしております

アメリア事務局 並木

『その部屋のなかで最も賢い人』

今週末、東京は大雪になると聞いて身構えていたのですが、私の住む地域はそれほど降らずでして、ほっとしました。

さて、本日はアメリア会員の小野木明恵さんが翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします。
表紙が白いので、少し分かりにくいかもしれませんが…



インパクトのあるタイトルと、表紙のイラストに、釘付けになりました。
版元である青土社さんのHPにはこのように紹介があります。
たった5つの冴えたやり方
私たちは物事を判断するときに、知らず知らずのうちに思考の罠に陥ってしまっている。どのようにすれば物事を正しく判断できるのだろうか。ロングセラー『人間この信じやすきもの』の著者が語る、賢く意思決定するための5つの方法。

青土社HP

小野木さん、いつもながらのお気遣いに感謝しつつ、
今後益々のご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『キリング・イヴ』★2/6(水)スタート

街はチョコレート一色ですね
可愛いくて美味しそうなチョコレートは見ているだけで幸せな気持ちになります
ついでに試食させてもらって、ついつい買ってしまうのですが…


さて、本日はアメリア会員の長尾絵衣子さんの翻訳作品をご紹介いたします。
「シーズン1」全8話の字幕翻訳を担当されたそうです。


『キリング・イヴ』
2/6(水)スタート 第1話無料放送 WOWOW


美しく冷酷な暗殺者と優秀な捜査官とのスリリングな攻防を描く
スタイリッシュかつユニークなノンストップサスペンス。

<ストーリー>
英国保安局“MI5”で働く女性イヴは暗殺者の情報を集める一方、
退屈なデスクワークの仕事にも、夫との生活にもどこか不満を抱えていた。
ある日、ウィーンでロシアの政治家がプロの暗殺者と思われる何者かによって殺され、
事件を目撃したその恋人がロンドンで保護される。イヴは女性の犯行だと考え、
上司に黙って捜査を開始する。果たして、イヴの読み通り、犯人はヨーロッパ各地で
暗躍する、美貌の暗殺者ヴィラネルだった。彼女は指示役のコンスタンティンからの
依頼を受けて、目撃者を殺すためロンドンに向かう。
やがて違法捜査がバレて“MI5”を解雇されたイヴは、海外での情報収集を担当する
秘密情報部“MI6”の極秘チームにリクルートされ、本格的にヴィラネルを追うことになる。

(公式サイトより引用)


ゾクゾクするストーリー…気になります

詳細はコチラ


長尾さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『ルドラマデーヴィ 宿命の女王』

そろそろ花粉が飛び始めるというニュースを聞き、日々怯えております…。花粉症の皆さま、なんとか頑張りましょうね

さて本日はアメリア会員の草刈かおりさんが字幕翻訳をなさった作品をご紹介します!


『ルドラマデーヴィ 宿命の女王』

※映画専門チャンネル「ムービープラス」にて2/20より放送予定


~あらすじ(公式サイトより)~
中世インドのカーカティーヤ朝。新たな世継ぎとして男児の誕生が待ち望まれる中、王家に生まれたのは女児であった。政情が不安定な中、王女は男として育てられることになり、国王の座をつけ狙う王族や隣国からの脅威に立ち向かうべく“王子”として勇ましく成長していく。



大ヒット映画「バーフバリ」でヒロインをつとめたアヌシュカ・シェッティが中世インドの女剣士、隣国の王子を「バーフバリ」の国王役ラーナー・ダッグバーティが演じています。

草刈さんいわく、「歌あり踊りありアクションあり、すべての映画的要素が楽しめる豪華なエンターティメント作品」とのこと!

これは楽しみですね


草刈さん、素晴らしい作品をお知らせくださりありがというございました。
今後のご活躍もお祈りしております!

アメリア事務局 相澤

『グッド・フライト、グッド・ナイト』(文庫版)

うさぎカフェに行きたくてリサーチ中の並木です
おすすめがあればぜひ教えてください

本日は、アメリア会員の岡本由香子さんが手掛けられたご訳書の文庫版をご紹介をさせていただきます。ブックコン(70社の出版社が参加する本の祭典)でも早川書房のブースで取り上げられるそうです。単行本は2016年刊行で、こちらのブログでもご紹介させていただきました(★こちら★)。



岡本さんより:
2016年刊行の訳書が、2018年12月に文庫化されました。おかげさまで1カ月で重版がかかり、2月20日(水)~23日(土)東京日本橋の丸善でひらかれるブックコンでも早川書房のブースでとりあげていただくことに。23日(土)の夕方は訳者もブースにおりますので、お暇でしたらぜひご来場ください。https://honto.jp/store/news/detail_041000031273.html

岡本さん、お知らせいただきありがとうございます
ブックコンも楽しみですね今後のご活躍も心から応援しております

アメリア事務局 並木

『ブルーイグアナ 500万ポンドの獲物』

昨日は豆まきをしましたか?
今朝の通勤時、「豆が落ちてるよー!」という小学生の可愛らしい声が聞こえてきました。

本日は、アメリア会員の立石ゆかりさん吹替翻訳を手掛けられた作品をご紹介します!
「ブルーイグアナ」とは、青く輝く巨大なダイヤのことなんだそうです。



超高額ダイヤ争奪戦を描くアクション・エンターテイメント
物語の中心となるのは、様々な逸話を持つ伝説的な宝石で、世にも珍しい青い光を放つ巨大なダイヤモンド“ブルーイグアナ"。
仮出所中のエディとポールが挑む、500万ポンドの価値を持つその宝石と取引代金の現金の両方を一度に奪うという一攫千金計画の行方はいかに…
(Amazonより)


立石さん、また翻訳作品をお知らせいただけることを楽しみにお待ちしております

アメリア事務局 並木

2018年度の「スペシャルコンテスト」開催実績

アメリアで実施した2018年度の「スペシャルコンテスト」開催実績(計17回)をレポートします(2017年度の開催実績はこちら

現在は2月4日(月)17:00締切で出版分野の「翻訳者募集(ラグビー・ビジネス)」を掲載中(未経験)。ご入会当日からご応募いただけますので、よろしければチェックしてみてください(全求人情報の一覧を見る) 。


■出版分野(英→日)
翻訳者募集(教育論)
翻訳者募集(自己啓発書)
翻訳チェッカー募集(生物学)
翻訳チェッカー募集(ビジュアル書)
翻訳者募集(ビジネス書)
翻訳者募集(ファッション等)
翻訳者募集(ラグビー評伝)
翻訳者募集(メジャーリーガー評伝)
翻訳者募集(サッカー書籍)
下訳者募集(ファンタジー小説)

■実務分野(英→日 or 日→英)
翻訳者募集(日→英/自動車等)
翻訳者募集(日→英/工業・技術)
翻訳者募集(英→日/産業機械・医療機器)
翻訳者募集(日→英/産業機械・医療機器)

■英語以外の言語
中国語翻訳者募集(まんが)
翻訳者募集(独→日/コンプライアンス)
翻訳者募集(独→韓/自動車関連)


スペシャルコンテストとは?
トライアル課題があらかじめ発表されている求人募集形態。
応募書類と訳文が同時に審査されるため、その方の実力に即した選考がスピーディに行われます。


ブログでご紹介したスペシャルコンテストからうまれた本
『ハーバードメディカルスクール式 空腹解消ダイエット』
『マインドスパン』
『本当にあった15の心あたたまる物語』
『自分の頭で考えたい人のための15分間哲学教室』
『SHOE DOG』
『SURVIVE! 「もしも」を生き延びる サバイバル手帖』
(刊行実績をもっと見る→スペシャルコンテストからうまれた本


出版分野の翻訳者として採用された皆さま、出版各社の皆さま、刊行のご連絡を楽しみにお待ちしておりますブログ等でもご紹介させていただきます

アメリア事務局 並木

【応募受付中!】2019年2月:アメリアでスキルアップ

現在応募できるスキルアップ課題はこちらです。
ご入会当日から応募いただけます!


【入会金をAmazonギフト券でキャッシュバック!】

2019年2月28日(木)までにご入会した方のなかから抽選で10名様に入会金5,400円をキャッシュバックいたします!

入会をご検討中の方はこの機会をお見逃しなく!


【2019年2月 応募受付中!】
定例トライアル 実務(IT・テクニカル)/日英メディカル
2月20日(水)18時締切

翻訳お料理番
2月20日(水)18時締切

ひとこと翻訳大賞
2月26日(火)11時締切


【常時 応募受付中!】
一行翻訳
短い英⇔日の課題を翻訳して投稿できます。「トレイルランニング」「通販サイトの説明文」など身近な題材です。 

ミニテスト
翻訳にも役立つ雑学やミニ知識をチェックできる選択式のテストです。 「アメリカの中学生に挑戦」「シェイクスピア作品の理解が深まるテスト」などテーマは様々!


アメリア事務局 相澤

『介助犬レスキューとジェシカ』

週末は、新宿シティハーフマラソンに参戦してきました。目標タイムにはあと一歩足りませんでしたが、ベストは更新できたので、とりあえずはヨシ!という感じです。それにしても、普段なら絶対に走れない、新宿の大通りとか、トンネルの中なんかを走れたのは、なかなか面白かったです。

さて、本日はアメリア会員のよしいかずみさんが翻訳された作品をご紹介いたします。



2013年のボストンマラソン爆破事件で両足を失った作者の、実話をもとにした絵本だそうです。

レスキューは、盲導犬の血筋に生まれた子犬です。
ところが、訓練士から盲導犬には向いていないと言われ、介助犬の訓練を受けることに。
一方のジェシカは、両足に大けがを負った女の子です。
けがのせいで、手術で足を切断しなければならなくなります。
不安と絶望のなか、出会った二人は、いつしかお互い、なくてはならない存在になっていくのでした……。
相手を支えることを生きる力にかえた、ジェシカとレスキュー。
子どもたちにぜひ読んでほしい物語です。
BL出版HPより

原作は2019年シュナイダー・ファミリーブック賞を受賞。
介助犬についても、理解を深めるきっかけになりそうな一冊。
そして、生きる希望や、心を温かくしてくれそうなこの素敵な絵本を、ぜひお手にとってご覧ください。

よしいさん、お知らせいただきありがとうございました。
アメリア事務局 河原

『生きる意味―人生にとっていちばん大切なこと』

たまには真面目にジムへ行かなきゃ!と思い、土日はジムで筋トレに励みました。
空腹になった分、ご飯をついつい食べ過ぎてしまいあまり意味がなかった気もしますが…
やっぱり体を動かすのは気持ちがいいですね~

さて本日はアメリア会員の長谷川早苗さんが翻訳なさった作品を紹介します!



~内容紹介(Amazonより)~
アドラー本人による名著『Der Sinn des Lebens』の翻訳。本書にアドラー心理学のすべてが書かれてある。

生きることの意味とは何か?子どもの心が正しく成長するために大事なことは何か?精神と肉体の健全な成長に必要なこととは?



『嫌われる勇気』などでも有名な、心理学者であるアルフレッド・アドラー(1870~1937年)によって1933年に発表された作品の新訳です。

生きる意味とはどこにあるのか、そもそも意味など存在しているのか…

アドラー心理学にご興味をお持ちの方、ぜひお読みくださいね!


長谷川さん、素敵な作品をお知らせくださりありがというございました。
益々のご活躍をお祈りしております!

アメリア事務局 相澤

『記憶の迷宮』

今日の冷え込みは厳しいですね
週末は雪が降ったりするのでしょうか…

さて本日はアメリア会員の市ノ瀬美麗さんの訳書をご紹介いたします。





ロマンスのストーリーをご紹介いたします

目覚めたとき、サラは見知らぬ男とベッドにいた。
ふたりともきちんと服を着ているものの、彼は誰で、いったい自分はどうしてこんな場所にいるのだろう。
名前以外の記憶をすべて失ったサラは、イーストリーと名乗るその男と行動をともにすることになった。
子爵だという彼の屋敷に行く以外、いまのサラにできることはないからだ。
イーストリーもまた、クリミア戦争で多くの記憶を失っていた。
取り戻せた記憶もあるが、戦争での負傷は彼からたくさんのものを奪っていた。
ふたりは屋敷を目指して旅を続け──。

(Amazonより引用)

二人の記憶は戻るのでしょうか
気になります


市ノ瀬さん、ご連絡いただきありがとうございます
今後のご活躍もとても楽しみにしております。


事務局 入江

『無分別』『静かなる男』

そろそろ杉花粉が飛び始める頃でしょうか…?!
本日は、アメリア会員立石ゆかりさんの翻訳作品を2作品お知らせします。

『無分別』※字幕をご担当
粋でモダンな恋愛感覚に溢れた優雅で巧みな恋の駆け引き!
グラント=バーグマンの名コンビが魅せる洗練されたロマンティックな恋物語。




『静かなる男』※本編と特典映像メイキングの字幕をご担当
故郷に戻ってきた元ボクサーが、乱暴者の妹に恋をした…
緑豊かな田園を舞台にアイルランド人気質をユーモラスに描き出した心温まる名作がHDリマスター版で復刻!




立石さん、お知らせいただき誠にありがとうございます
今後のご活躍も心から応援しております!

アメリア事務局 並木

翻訳イベント★“I”translate @ DAIA のご案内

翻訳イベントのご案内です。

2019年2月13日水曜日東京は渋谷にて翻訳に関わる翻訳エージェントと
翻訳者の方々を結び付け、翻訳業界全体を盛り上げるためのイベント
が開催されます。

詳細は以下の通り。ご興味ある方はぜひ
25日までにお申込みいただけると会場参加特典があるらしいですよ。


【 第一回(“I”translate @ DAIA)について 】
「記憶」そして「記録」に残る翻訳イベントを!

「非日常空間で刺激的な出会い」
渋谷のカジュアルイベントスペースを貸し切り、複数会社のプレゼンテーション、
トークディスカッション、Q&A、交流会を企画しています。
翻訳者の皆様は、各社の考え方を知り、各翻訳会社とのネットワーキングを実現できます。
参加企業の皆様は、翻訳者/通訳者とのネットワーキング、普段はあまり会うことの無い
競合他社とのネットワーキングを実現できます。

「全世界にネットで同時配信」
当日会場に来られない方も多くいらっしゃると思いますので、Meetupメンバーには無料で
一部を同時配信致します。ぜひ、動画を通して業界の熱を感じて頂ければと思います。

【開催場所】
DAIA
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1
(JR各線渋谷駅3a出口より徒歩で3分、京王井の頭線渋谷駅アベニュー口より徒歩で5分)

【参加費】
当日現金払い: 1,000円+ワンドリンク(500円)
*追加ドリンクはキャッシュオン形式です。

<1月18日までの申し込みで以下の特典をお付けします>
*1月25日まで延長します!
会場参加特典1:ワンドリンクチケット(つまり1000円だけで参加できます)
会場参加特典2:オリジナル動画教材「翻訳者が稼ぐために絶対に必要なこと」*提供はイベント後を予定


詳細はコチラ

イベント参加はコチラ

WEB視聴参加はコチラ


事務局 入江

『隠れたキーマンを探せ!』『組織の壁を越える』

毎日寒いですね。なので、最近は手軽ですぐに温まるスープばかり飲んでいます。(特に辛いの

本日はアメリア会員の三木俊哉さんが翻訳を手がけられた訳書を2冊、ご紹介いたします。
まずはこちら



全米で40万部を記録したビジネス本とのこと。
アマゾンのレビューには、本書を絶賛する声が多数寄せられています。
版元の実業之日本社さんによる作品紹介はこちら⇒CLICCK

続きましてはこちら、



今、求められているのは「越境人材」
というキャッチ―な帯が目を引きます。

版元の英治出版さんによる作品紹介はこちら⇒CLICK

両方読めば、ビジネスパーソンとしてのスキルがパワーアップしそうです。

三木さん、今後益々のご活躍を楽しみにしております。
アメリア事務局 河原

『言葉人形――ジェフリー・フォード短篇傑作選』

インフルエンザが流行っているようですね。皆さん、大丈夫でしょうか
知り合いのわんぱくな4兄弟…全員同時にインフルエンザに罹ったようで
一日も早くいつもの元気を取り戻してほしいです。

さて、本日はアメリア会員の谷垣暁美さんの編訳書をご紹介いたします。
紙の本と電子図書の同時刊行とのことです。





本書はジェフリー・フォードという作家の短篇の中から
独自に十三編を選んで翻訳出版した日本オリジナル編集の短編集
だそう。
翻訳を手がけられた谷垣さんも編集部の方とともに
収録の作品の選定などに関わられたそうです。

以下、Amazonより作品紹介です。

かつて野良仕事に駆り出された子どもたちの為に用意された架空の友人、言葉人形。
それはある恐ろしい出来事から廃れ、今ではこの博物館の片隅にその名残を留めている――表題作ほか、
光と星の秘密を追う研究者の実験台となった無垢な娘の運命を綴る残酷な幻想譚「理性の夢」、
世界から見捨てられた者たちが身を寄せる幻影の王国が、少女王妃の死から儚く
崩壊してゆく「レパラータ宮殿にて」など、世界幻想文学大賞、シャーリイ・ジャクスン賞、
ネビュラ賞、MWAなど、数々の賞の受賞歴を誇る、現代幻想小説の巨匠の真骨頂ともいうべき13篇を収録。



谷垣さん、お知らせいただき、ありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『億万長者と嘆きの乙女』『天国から届いた贈り物』

このたび、アメリア会員の木村浩美さんから素敵な訳書をお届けいただきました。
木村さん、ありがとうございます





ハーパーコリンズさんのサイトでは、作品の内容ほか、編集者さんのコメントも紹介されています。
こちらを見れば、本書を読みたくなること間違いナシです

天国から届いた贈り物はこちら→CLICK

億万長者と嘆きの乙女はこちら→CLICK

ぜひお手にとってご覧ください。

アメリア事務局 河原

「スター・トレック:ディスカバリー」シーズン2

早くも1月も後半ですね今年はどんな一年にしたいですか…!?
私は昨年、様々な講座を受講したり、新たな習い事を始めたり、挑戦の一年でした。今年はどんな出会いがあるのかな~と、とっても楽しみです

本日は、アメリア会員の大岩剛さん全話の吹替翻訳を手がけられた「スター・トレック:ディスカバリー」シーズン2をご紹介します。

先日、シーズン1のDVD発売についてこちらでご紹介したばかりですが、1月18日(金)から待望のシーズン2がNetflixで配信スタートしました!


「スター・トレック:ディスカバリー」シーズン2
詳細はこちら→CLICK


大岩さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍も心から応援しております!

アメリア事務局 並木

『やってはいけない7つの「悪い」習慣  ――成功をひそかに妨げる「人生の落とし穴」』

週末、皇居を走りました。4週、20キロ。皇居って、結構アップダウンがきつくて、しんどいコースなんですよね…。
そのあとのビールが美味しかったです。

さて、本日はアメリア会員の野津智子さんが翻訳された作品をご紹介いたします。



著者は、世界的ベストセラー『7つの習慣』のスティーヴン・コヴィーの息子デビッド・コヴィーと、
世界規模での人材教育・研修の分野における著名な専門家等として知られるスティーブン・M・マーディクス。

本書で取り上げる7つの落とし穴(罠)とは、

・夫婦・恋人関係の罠
・金・借金の罠
・焦点の罠
・変化の罠
・学びの罠
・キャリアの罠
・目的の罠

だそう。結構、あちこちに罠が…。
罠にハマらないよう、たとえハマってもすぐに脱げだせるよう、知識と対処法を本書から学びたいと思います。

野津さん、お知らせいただきありがとうございました。
またご連絡いただけますことを楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原

『ショッキングピンク・ショック!』

寒い日が続き、気分もちょっと落ち込みがちになってしまいますが、今日はそんな気分を吹き飛ばすような素敵な絵本をご紹介いたします。
アメリア会員の八木恭子さんが翻訳されたこちらの作品です



ショッキングピンク・ショック!
思わず手に取りたくなるような、タイトルではありませんか?
表紙を見るだけで、ワクワクします。

八木さんからコメントをいただきました。
ココ・シャネルと同時代に活躍したファッションデザイナー、エルザ・スキャパレリの成功を描いた伝記絵本です。
実は私自身、エルザ・スキャパレリという人の存在を知らなかったのですが、
調べるうちに、ダリやピカソといったアーティストとも交流のあった、
とっぴで興味深いエピソードにあふれた人物だとわかり、楽しみながら訳すことができました。
ジュリー・モースタッドさんによるカラフルな絵も魅力的で、お子さんだけでなく大人の方にもおすすめの一冊です。


現物が私の手元にあるのですが、八木さんのスキャパレリに寄り添うような優しい日本語と、
鮮やかなイラストの数々に、ページをめくるたびに心が明るくなっていきます。

こちらの絵本を出版されたのは、フレーベル館さん
フレーベル館HP
やなせたかしさんの『アンパンマン』をはじめ、長く子どもたちに愛される作品をたくさん出しておられますよね。
ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

八木さん、このたびは素敵な絵本をありがとうございました。
今後益々のご活躍を楽しみにしております。

アメリア事務局 河原